WiMAX +5G対応「Speed Wi-Fi 5G X11」を徹底レビュー!

Speed Wi-Fi 5G X11 レビュー WiMAX

※ 記事内の情報は執筆・更新時点の内容です。
※ 当サイトのコラムページではアフィリエイト広告の掲載が含まれています。

UQ WiMAXやau、各種プロバイダから大容量バッテリーを搭載した5G対応の最新モバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X11」が2021年10月15日から発売開始されました。

今回はSpeed Wi-Fi 5G X11のデザインや基本スペック、通信速度の検証、メリット・デメリットを詳しくレビューしていきます。

Speed Wi-Fi 5G X11を購入するのにおすすめのプロバイダも合わせてご紹介するので、ぜひ最後までご覧になっていって下さい。

ホームルーター、ポケット型WiFiの
おすすめはこちら!

シンプルwifi

5G対応工事不要
高速インターネットなら

シンプルWiFi がおすすめ

X11のデザイン・外観をチェック

Speed Wi-Fi 5G X11の端末画像
約2.4インチ 320×240ドットのディスプレイを搭載

Speed Wi-Fi 5G X11はボタン操作式のモバイルルーターです。本体サイズは約136.0×68.0×14.8mm、重さは約174gとなっています。

Speed Wi-Fi 5G X11の端末画像
Speed Wi-Fi 5G X11
背面はマットでさらさらとした質感
Speed Wi-Fi 5G X11の端末画像
厚み14.8mmとモバイルルーターの中でも分厚い
Speed Wi-Fi 5G X11の端末画像
本体正面に3つのボタンを搭載している

各種設定の変更や操作は前面の物理ボタンで行います。残念ながらタッチパネル方式ではないので操作性に関しては好みが分かれそうです。

Speed Wi-Fi 5G X11の端末画像
充電端子はUSB-Cを採用
Speed Wi-Fi 5G X11の端末画像
本体上側面にSIMカードスロット
Speed Wi-Fi 5G X11の端末画像
モバイルルーターとしてはやや大きい印象

手に持ってみると端末の厚さと本体の重さがまず気になりました。従来のWiMAXルーターは薄くて軽量なモデルが多かったので余計に気になるポイントです。

Speed Wi-Fi 5G X11とXiaomi Redmi Note 9S比較画像
Speed Wi-Fi 5G X11とXiaomi Redmi Note 9S比較

6.67インチのスマートフォンXiaomi Redmi Note 9Sと並べてみました。Speed Wi-Fi 5G X11は少し分厚い小型スマホの様な大きさなので、ポケットやカバンに入れて簡単に持ち運ぶことが出来ます。

Speed Wi-Fi 5G X11の端末画像
明るく見やすいディスプレイ
Speed Wi-Fi 5G X11の端末画像
各種設定の変更が本体操作で行える

メニューはやや分かりづらいものの、ボタンを押していけばモード切り替えなど簡単に各種設定を変更することが出来ます。

それぞれのメニュー階層が深いので、初見だとどこでどの設定が変えられるのか分からないかもしれません。

Speed Wi-Fi 5G X11の端末画像
画像:NEC Speed Wi-Fi 5G X11トップページより引用[1]

Speed Wi-Fi 5G X11の本体カラーはチタニウムグレーとスノーホワイトの2色展開です。今回レビューするのはチタニウムグレーになります。

X11のスペック・性能をチェック

Speed Wi-Fi 5G X11の端末画像
画像:UQ WiMAX Speed Wi-Fi 5G X11製品ページより引用[2]

Speed Wi-Fi 5G X11 スペック表

製品名 Speed Wi-Fi 5G X11
製造元 NECプラットフォームズ株式会社
対応ネットワーク 5G(Sub6/NR化)
4G LTE
WiMAX2+
ディスプレイ 約2.4インチ
320×240ドット
外形寸法 約136.0×68.0×14.8mm
本体重量 約174g
バッテリー容量 4,000mAh
UIMカード au Nano IC Card 04 LE
au Nano IC Card 04 LE U
連続通信時間 約490分(初期設定時)
連続待受時間 約400時間(初期設定時)
対応OS Windows:11/10/8.1macOS:12~10.9
SIMロック なし
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
2.4GHz/5GHz(同時通信可能)
アンテナ 送信2×受信2(内蔵アンテナ)
最大接続数 Wi-Fi:16台
USB:1台
Bluetooth 5.1
USB Type-C(USB 3.0)
カラー チタニウムグレー/スノーホワイト

Speed Wi-Fi 5G X11は、約2.4インチ(320×240ドット)のディスプレイに連続通信時間約490分の大容量4,000mAhのバッテリーを搭載しています。

本体サイズが約136.0×68.0×14.8mmと、従来のWiMAX 2+対応のモバイルルーターと比べると大型です。また、Wi-Fi 6に対応しているので、Wi-Fi 5よりも約1.38倍高速な最大1.2Gbpsの高速通信が可能です。

最大で16台の端末が同時に接続可能で、さらに2. 4GHzと5GHzを同時に利用することが出来るので、スマホやパソコン、ゲーム機器など様々な端末と接続することが出来ます。

最新機種だけあって、他のWiMAX 2+対応モバイルルーターと比べてもハイスペックな一台です。

5G対応ポケット型WiFi「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」との違い

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの端末画像
画像:UQ WiMAX Galaxy 5G Mobile Wi-Fi製品ページより引用[3]

「Speed Wi-Fi 5G X11」「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」 スペック比較表

製品名 Speed Wi-Fi 5G X11 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
製造元 NECプラットフォームズ株式会社 Samsung
対応ネットワーク 5G(Sub6/NR化)
4G LTE
WiMAX2+
5G(sub6/NR化
)4G LTE
WiMAX 2+
ディスプレイ 約2.4インチ 約5.3インチ
外形寸法 約136.0×68.0×14.8mm 約147mm×約76mm×約10.9mm
本体重量 約174g 約203g
バッテリー容量 4,000mAh 5,000mAh
UIMカード au Nano IC Card 04 LE
au Nano IC Card 04 LE U
au Nano IC Card 04 LE
連続通信時間
(初期設定時)
約490分 約1,000分
連続待受時間
(初期設定時)
約400時間 約790時間
対応OS Windows:11/10/8.1
macOS:12~10.9
Windows:8.1以降
macOS:v10.9以降
SIMロック なし なし
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
2.4GHz/5GHz(同時通信可能)
IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5Ghz対応)
最大接続数 Wi-Fi:16台
USB:1台
最大10台
USB:1台
Bluetooth 5.1
USB Type-C(USB 3.0) Type-C(USB 3.0)
カラー チタニウムグレー
スノーホワイト
ホワイト
クレードル

WiMAX +5G対応ルーターの人気機種「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」と「Speed Wi-Fi 5G X11」を比較してみました。

どちらもまだ発売されたばかりの最新機種と言うこともあり、Bluetooth接続の対応や最大接続台数の違いはあるものの、基本スペックにそこまで大きな差はありません。

端末の大きさや重量を考慮するとより軽量でコンパクトなSpeed Wi-Fi 5G X11の方が持ち運びしやすい印象です。

しかし、連続通信時間や連続待受時間の差が2倍近くあるので、バッテリー持ちを重視する場合はGalaxy 5G Mobile Wi-Fiがおすすめです。

Speed Wi-Fi 5G X11アンテナ内蔵クレードルの説明画像
画像:UQ WiMAX Speed Wi-Fi 5G X11製品ページより引用[2]

また、Galaxy 5G Mobile Wi-Fiにはクレードルが用意されていませんが、Speed Wi-Fi 5G X11には5GとWiMAX2+対応のアンテナを内蔵した専用のクレードルが販売されています。

Speed Wi-Fi 5G X11専用クレードルNAR01PUUの販売価格は4,648円です。

NECプラットフォームズ独自の技術「Wウイングアンテナ」によって、より高速で安定した通信を行うことができます。クレードルを接続すると電波の弱い場所でも全方向の電波をキャッチすることが出来るので、自宅でSpeed Wi-Fi 5G X11を使用する方はぜひ導入したいオプションです。

「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」と「Speed Wi-Fi 5G X11」がおすすめな人

  • Galaxy 5G Mobile Wi-Fiがおすすめな人:一日中WiMAXを使いたい人
  • Speed Wi-Fi 5G X11がおすすめな人:Wi-Fi 6対応の持ち運びしやすいルーターは欲しい人

X11の速度を検証してみた

X11の速度計測
X11の速度計測

Speed Wi-Fi 5G X11には以下、3つのモードが搭載されています。

  • エコ:通信速度を制御してバッテリー持ちを優先するモード
  • スタンダード:通信速度とバッテリー消費のバランスがいい通常モード
  • ハイパフォーマンス:通信速度を優先させたモード

実際にそれぞれのモードで通信速度を5回に分けて測定しました。

測定場所は自宅と近くの公園で、どちらも4G LTE回線をキャッチする環境です。測定に使用したアプリは「Speedtest(Ookla)」で、Speed Wi-Fi 5G X11と接続するスマホは「Xiaomi Redmi Note 9S」、測定した時間は平日の15時前後になります。

測定結果は以下のとおりです。

Speed Wi-Fi 5G X11通信速度検証(屋内)

エコ ノーマル ハイパフォーマンス
1回目 31.2Mbps
11,3Mbps
37,9Mbps
10.1Mbps
53.3Mbps
12.4Mbps
2回目 29.4Mbps
10.2Mbps
48.2Mbps
12,1Mbps
54.5Mbps
14.5Mbps
3回目 36.4Mbps
10.2Mbps
32,9Mbps
10,4Mbps
58.3Mbps
12.9Mbps
4回目 39.7Mbps
11.0Mbps
42.9Mbps
13,6Mbps
52.1Mbps
13.8Mbps
5回目 28.9Mbps
10.8Mbps
38.9Mbps
11.2Mbps
49.2Mbps
12.8Mbps

Speed Wi-Fi 5G X11通信速度検証(屋外)

エコ ノーマル ハイパフォーマンス
1回目 55.4Mbps
12.9Mbps
59.8Mbps
12.4Mbps
62.9Mbps
19.8Mbps
2回目 55,3Mbps
11.8Mbps
59.7Mbps
11.8Mbps
61.4Mbps
18.9Mbps
3回目 48.9Mbps
10.9Mbps
60.9Mbps
14.2Mbps
66.9Mbps
18.2Mbps
4回目 51.0Mbps
13.2Mbps
52.8Mbps
12.8Mbps
58.3Mbps
13.7Mbps
5回目 44.6Mbps
11.8Mbps
55.8Mbps
13.0Mbps
60.5Mbps
14.8Mbps

自宅の固定回線(NURO光)と比べると通信速度は大幅に落ちますが、ネット観覧やYou Tubeなどの動画ストリーミングサイトを利用してる分には途中で長時間の読み込みや遅延が発生することはありませんでした。

筆者の住んでいる地域は5G回線に対応していないので試すことは出来ませんでしたがネットの口コミなどを調べてみると、5G対応エリアであれば下り100〜300Mbps程度の速度が出るようです。

今回の検証で4G LTE回線でも通常利用であれば、必要十分な回線速度が出ることが分かりましたが、より高速に通信可能な5G対応エリアの拡充に期待したいです。

X11を実際に使ってみて感じたメリット・デメリット

スマホを操作する女性
X11を実際に使ってみて感じたメリット・デメリット

筆者がSpeed Wi-Fi 5G X11を1週間ほど使って分かった、メリットとデメリットを3つの項目に分けて紹介します。

操作性はイマイチ

Speed Wi-Fi 5G X11の端末画像
Speed Wi-Fi 5G X11の端末性能

ボディの大きさに対してディスプレイの大きさは約2.4インチしか無く、本体に搭載されている物理ボタンでしか操作することが出来ないため、約2.4インチは操作性がいいとは言いづらい機種です。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの様な直感的なタッチパネル操作ではなく、設定を変更する

ためには複数回ボタンを押して操作しなければならないので時間がかかります。

また、メニューのアイコンや文章が若干分かりづらいので、操作にはある程度慣れが必要かもしれません。

Speed Wi-Fi 5G X11は、設定をそこまで頻繁に変更しない人は問題ないと思いますが、スマホの様にタッチやスワイプでモバイルルーターを操作したいという人にはあまり向いていない機種だと言えるでしょう。

高速通信でサクサクつながる

Speed Wi-Fi 5G X11の端末画像
高速通信でサクサクつながる

下り最大2.7Gbps対応の5G対応のモバイルルーターということで、実際に使っていて通信速度に不満を感じるシーンはありませんでした。

例えば、You Tubeの動画を4K画質でストリーミング再生しても画面が止まること無く最後まで見ることができたり、回線が安定しているのでオンラインゲームも快適にプレイすることができます。

残念ながら5G対応エリアはまだまだ限定的ですが4G LTE回線で利用することも出来ますし、最新のWi-Fi規格であるWiFi6に対応しているのでルーターと端末間同士の通信速度も安定していて使いやすかったです。

今回試すことは出来ませんでしたが、専用のクレードルを使えばアンテナが強化されるので、上り・下り共にさらに通信品質が向上するはずです。

バッテリー持ちは良好

Speed Wi-Fi 5G X11は、4,000mAhの大容量バッテリーを搭載し連続で約8時間(490分)使用することが出来ます。

実際に筆者が使用してみるとほぼカタログスペック通りのバッテリー持ちという印象で、2時間ほどPCで常時ネットを見ながら仕事をしてみましたが、バッテリー残量は80%ほど残っていました。使い方にもよりますが、一日ガッツリ使用しないのであれば、充電しなくても2日程度は使えるはずです。

また、Speed Wi-Fi 5G X11にはロングライフバッテリーというバッテリーの劣化を抑える設定項目がありますが、これがONになっているとバッテリーが70%程度までしか充電されなくなるので、バッテリー持続時間が短いのは困るという方は注意しましょう。

Speed Wi-Fi 5G X11が購入できるおすすめプロバイダ

スマホの画像
Speed Wi-Fi 5G X11が購入できるおすすめプロバイダ

ここでは、Speed Wi-Fi 5G X11とセットで申し込みができるおすすめプロバイダを紹介していきます。

Speed Wi-Fi 5G X11は5Gプラン対応のWiMAXのプロバイダで申し込みが可能です。WiMAXでも、5Gプランを提供していないプロバイダもあるので、申し込み前に窓口は事前にしっかり確認しておきましょう。

Broad WiMAX

Broad Wimax

Broad WiMAXのおすすめポイント

  • WiMAX史上最速の下り最大4.2Gbps
  • 最新端末が選べる
  • 申込から8日以内ならキャンセル可能
  • au、UQスマホとのセット割に対応
月額料金 初月:1,397円
1~36ヶ月:3,773円
37ヶ月~:4,818円
月間データ容量 原則無制限
端末代 31,680円 契約期間 24ヶ月

※ギガ放題コスパDXプランの場合

Broad WiMAXは、価格の安さと乗り換えキャンペーンが特徴のWiMAXです。まずは料金を見ていきましょう。

Broad WiMAXは上記の通り、月額金額が2,000円台~と安いです。加えて、クレジットカード払いで契約すれば、初期費用が割引に。ランニングコストを大幅に抑えてポケット型WiFiが利用できます。

そして、他社から乗り換える場合に使える「乗り換えキャンペーン」も魅力の一つです。乗り換えの際に発生する契約解除金を負担してくれるので、気軽にBroad WiMAXを利用できます。

月々の料金が安いポケット型WiFiを使いたい人におすすめのサービスです。

Broad WiMAXのおすすめポイント

  • 解約時にかかる違約金を最大19,000円まで負担
  • いつでも解約サポートに対応
  • 初期契約解除制度にも対応
  • プラスエリアモードの利用料無料
  • 端末最短即日発送に対応
  • GMOとくとくBB WiMAX+5G

    GMOとくとくBB WiMAX

    GMOとくとくBB WiMAXの
    おすすめポイント

    • 高額キャッシュバックあり
    • 他社から乗り換えでさらにお得
    • 契約期間実質縛りなし
    • au、UQスマホとのセット割に対応
    月額料金 端末発送月:1,089円
    1~12ヶ月:3,784円
    13~35ヶ月:4,334円
    36ヶ月~:5,104円
    月間データ容量 原則無制限
    端末代 27,720円
    (月770円×36回)
    契約期間 24ヶ月

    GMOとくとくBB WiMAX+5Gは、月額料金の割引、キャッシュバックの豊富なキャンペーンで実質月額最安級で利用できるWiMAXのサービスです。

    GMO とくとくBB WiMAXが業界最安級なのは、数あるWiMAXプロバイダの中でもとくに、高額キャッシュバックがもらえることが主な理由です。誰でも23,000円キャッシュバックがもらえるうえ、他社から乗り換えなら最大49,000円もの還元が受けられます。

    また、独自の月額割引で総額61,578円ほど安く利用できるため、キャッシュバックと併用することで大変お得にWiMAXを契約することが可能です。

    GMO とくとくBB WiMAXのおすすめポイント

  • 誰でも23,000円キャッシュバックがもらえる
  • 他社から乗り換えなら最大49,000円キャッシュバックがもらえる
  • 独自の月額割引で61,578円相当お得に利用できる
  • 最短即日発送に対応
  • 2年連続で顧客満足度がNo.1
  • カシモWiMAX

    カシモWiMAX

    カシモWiMAXのおすすめポイント

    • 初月以降は月額料金の変動なし
    • 契約解除料0円
    • 最低利用期間なし
    • au、UQスマホとのセット割に対応
    月額料金 初月:1,408円
    1ヶ月~:4,378円
    月間データ容量 原則無制限
    端末代 実質無料 ※ 契約期間 なし

    ※36回払いの場合

    複雑な料金形態を避けたい人には、月額料金がずっと変わらず、わかりやすい点が魅力の「カシモWiMAX」がおすすめです。

    カシモWiMAXは、2ヶ月目以降、ずっと月額料金が4,378円のまま利用できるため、シンプルな料金プランを求めている人に向いています。さらに、初月料金は1,408円と、通常より2,970円もお得に利用できることもうれしいポイントです。

    最短即日発送にも対応しているため、急な出張やリモートワークでインターネット環境が必要になった場合でも導入しやすいでしょう。

    カシモWiMAXのおすすめポイント

  • 2ヶ月目以降は月額料金がずっと変わらない
  • 初月は1,408円で利用できる
  • 最短即日発送に対応
  • 解約時に端末を返却するとAmazonギフト券がもらえる
  • BIGLOBE WiMAX

    BIGLOBE WiMAX

    BIGLOBE WiMAXの
    おすすめポイント

    • 高額キャッシュバックあり
    • 他社から乗り換えでさらにお得
    • 契約期間実質縛りなし
    • au、UQスマホとのセット割に対応
    月額料金 初月:0円
    1~24ヶ月:3,773円
    25ヶ月~:4,928円
    月間データ容量 原則無制限
    端末代 27,720円
    (月770円×36回)
    契約期間 なし

    BIGLOBE WiMAは、契約期間の縛り・解約料がなしとなっています。そのことから短期間の利用ならBIGLOBE WiMAXがおすすめです。テレワークや出張が多い人、引っ越ししてすぐネットを使いたい人はBIGLOBE WiMAX +5Gを検討してみるといいでしょう。

    また、通常はクレジットカード払いが多いのですが、BIGLOBE WiMAXは口座振替による支払いも可能です。

    BIGLOBE WiMAXのおすすめポイント

  • 口座振替での支払いも可能
  • 契約期間の縛りが1年と短い
  • 違約金が安い
  • 端末代金実質無料
  • まとめ

    Speed Wi-Fi 5G X11のおすすめポイント

    • 持ち運びしやすい本体サイズ
    • 4G/5G回線に対応
    • 大容量4,000mAhバッテリーを搭載し一日中使える
    • 別売りのクレードルでより安定した通信が可能
    • クレードルを使うと有線LAN接続が出来る
    • Wi-Fi 6対応で最大1.2Gbpsの高速通信に対応

    ここまでSpeed Wi-Fi 5G X11のデザイン、スペック、通信速度の検証や実機を使ってみて感じたメリット・デメリットについて解説してきましたがいかがだったでしょうか。

    Speed Wi-Fi 5G X11は、通信性能やバッテリー持ちといった基本スペックは非常に高く、コンパクトなボディで持ち運びもしやすいモバイルWi-Fiルーターです。

    操作性に関してはタッチパネル方式のGalaxy 5G Mobileといった機種には劣りますが、Wi-Fi 6への対応や最大同時接続台数の多さなど、Speed Wi-Fi 5G X11ならではの魅力が多い端末です。

    本記事を参考に、ぜひSpeed Wi-Fi 5G X11を検討してみてはいかがでしょうか。

    タイトルとURLをコピーしました