ソフトバンクエアーを機種変更する方法│キャンペーンやタイミングなど徹底解説

ソフトバンクエアーを機種変更する方法│キャンペーンやタイミングなど徹底解説 ホームルーター

※ 記事内の情報は執筆・更新時点の内容です。
※ 当サイトのコラムページではアフィリエイト広告の掲載が含まれています。

ソフトバンクエアーを使っている人の中には、速度に不満があったり、いまの機種が古くなったりして機種変更をしたいと考えている人も多くいるでしょう。

ソフトバンクエアーはソフトバンクショップのみで機種変更を受け付けており、手続きをすると最新機種の「Airターミナル5」に変更できます

しかし、タイミングによっては機種変更で数万円単位の費用が発生することもあるので、注意が必要です。

今回は、ソフトバンクエアーを機種変更する方法や機種変更で使えるキャンペーン、適切なタイミングや注意点について徹底解説していきます。

ホームルーター、ポケット型WiFiの
おすすめはこちら!

シンプルwifi

5G対応工事不要
高速インターネットなら

シンプルWiFi がおすすめ

ソフトバンクエアーの機種変更はソフトバンクショップでできる

ソフトバンクショップでできる

ソフトバンクエアーの機種変更は、ソフトバンクショップのみで受け付けています。

オンラインや電話では申し込めませんので、来店予約をして最寄りのソフトバンクショップへ行きましょう。

ソフトバンクエアーの最新機種は「Airターミナル5」

端末名 Airターミナル5 Airターミナル4 / 4NEXT
発売時期 2021年10月 2019年3月
通信方式 5G・4G・4G LTE 4G・4G LTE
最大通信速度 2.1Gbps 612Mbps
最大接続数 128台 128台

ソフトバンクエアーの最新機種は「Airターミナル5」です。機種変更時に「Airターミナル4/4NEXT」を選択できますが、こちらは旧端末です。

旧機種の「Airターミナル4/4NEXT」は5Gに対応しておらず、最大速度も最新機種の半分以下しか出ません。

ソフトバンクエアーを機種変更するなら最もスペックの高い「Airターミナル5」を選択しましょう。

ソフトバンクエアーを機種変更する流れ

機種変更する流れ

1.必要なものを準備する

機種変更時は本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)が必要なので、準備しておきましょう。

なお、契約者本人が手続きできない場合は、以下のものを準備すると契約者の家族を代理人に指定できます。

  • 代理人の本人確認書類
  • 家族確認書類(戸籍謄本や住民票など)
  • 委任状(ダウンロード

2.来店予約をする

ソフトバンクショップでの手続きは予約者優先で案内されるため、事前に来店予約をしてください。来店予約は以下の場所から行えます。

  • ソフトバンク公式サイト
  • 公式アプリ
  • My SoftBank
  • ソフトバンク公式LINE

ソフトバンクの来店予約はこちら(公式サイトを開きます)

3.予約日にソフトバンクショップへ行く

来店予約をした日時に、手順1で準備したものを持ち、ソフトバンクショップへ行きましょう。

ショップスタッフに「ソフトバンクエアーを機種変更したい」と伝えれば、機種変更する端末や配送日などについて案内してもらえます。

4.自宅に新しい端末が届く

後日、機種変更をした端末が自宅に配送されます。

5.新しい端末をコンセントに接続する

届いた端末をコンセントに接続すると、自動的にインターネットが開通します。

ソフトバンクエアーの機種変更で使えるキャンペーン

使えるキャンペーン

ソフトバンクエアーを機種変更すると、現在ご利用中の機種によって以下のキャンペーンが適用されます。どのようなキャンペーンなのか、内容を確認してみましょう。

  • Airターミナル1/1.5利用者向け機種変更キャンペーン
  • Airターミナル2以降利用者向け機種変更キャンペーン

Airターミナル1/1.5利用者向け機種変更キャンペーン

キャンペーン内容
  • 3,300円の契約事務手数料が無料
  • 「Air 4G/5G共通プラン」の料金から36ヶ月間753円割引

「Air 4G/5G共通プラン」の月額料金は5,368円ですが、キャンペーンを適用することで3年間の月額料金が4,615円に割引されます。

ただし、機種変更前に「Air 4G/5G共通プラン」を契約されている場合は、3,300円の契約事務手数料無料特典しか適用されません。

また、機種変更後の端末をレンタルで契約した場合は、どちらの特典も適用されませんのでご注意ください。

Airターミナル2以降利用者向け機種変更キャンペーン

キャンペーン内容
  • 3,300円の契約事務手数料が無料

Airターミナル2から機種変更を行うと、3,300円の契約事務手数料が無料になるキャンペーンが適用されます。

ただし、機種変更したあとの端末をレンタルプランにした場合は適用されませんので、注意しましょう。

機種変更のベストタイミングは「端末代金の支払いが終わったとき」

分割払いを終えた後

ソフトバンクエアーの機種変更のベストタイミングは端末代金の支払いが終わったときです。

ソフトバンクでは、端末代金が実質無料になる「月月割」というキャンペーンを実施しています。

端末代金を指定の回数で分割払いすることで、毎月分割払いしている金額と同額が割引になります。分割払いの期間が終了したとき、端末代金は実質0円となっている仕組みです。

ソフトバンクエアーは機種変更をすると新しい端末の支払いが始まるため、機種変更前の端末の支払いが残っていると、二重に端末代がかかってしまいます。

多くの人は端末代を24回や36回の分割で支払っていると思いますので、機種変更をする際は分割払いを終えた後にしましょう。

端末代金の残債確認方法
1.My SoftBankへログイン
2.「※ 割賦契約内容の確認はこちら」の「こちら」をタップ
3.「ご利用状況の確認」をタップ
4.「支払残金額」を確認

ソフトバンクエアーの機種変更に関する注意点

注意点

ソフトバンクエアーの機種変更には、注意するポイントが4つあります。ひとつずつ確認していきましょう。

  • レンタルの場合は機種変更ができない
  • いま使っている機種の月月割が終了する
  • 前の機種は返却をせずに処分する
  • 電話などでの勧誘には乗らない

レンタルの場合は機種変更ができない

ソフトバンクエアーのレンタルで契約しているなら、機種変更できません

ソフトバンクエアーのレンタルに対応している機種は「Airターミナル4 / 4NEXT」のみで、Airターミナル5は購入専用となっているためです。

どうしてもソフトバンクエアーの最新機種を使いたいなら、解約・再契約をしましょう。

機種変更のタイミングで月月割がなくなる(端末代金の残債が一括請求)

「月月割」を適用しており、割引期間中に機種変更をすると割引が終了します。

月月割とは、「Air 4G/5G共通プラン」の月額料金から36ヶ月間1,980円が割引される公式特典です。

端末代は36回払いだと毎月1,980円が請求されるので、月月割を36ヶ月間適用させると端末代を実質無料にできます。

しかし契約を継続することが割引条件なので、機種変更すると端末代金の残債が請求されるので注意しましょう。

前の機種は返却をせずに処分する

ソフトバンクエアーは古い端末の回収作業を行っていないため、機種変更後は前の端末を自分で処分する必要があります

フリマサイトやオークションで端末が販売されていることもありますが、ソフトバンクエアーは原則購入者しか利用できないので、個人で販売しても再利用できません。

不要になった端末は自治体の指示に従い、不燃ごみなどに出してください。

電話などでの勧誘には乗らない

ソフトバンクエアーは機種変更をすると新たに端末代が発生するので、あえて一度解約し、端末代を実質無料にできる新規で契約し直そうと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、ソフトバンクエアーは電話や訪問販売などの勧誘から申し込むと還元額が低いので、勧誘に乗ると損です。

ソフトバンクエアーはソフトバンクショップや公式サイトだけでなく、多くのネット代理店からも申し込めます。

中でも、ネット代理店は人件費を抑えられるぶんユーザーへの還元額が高くなるため、キャッシュバックや割引などの還元内容も豪華です。

還元額が高いほど実質料金(実際に支払う金額)も安くなりお得ですので、ソフトバンクエアーを新規で契約し直そうと考えている人は、ぜひネット代理店を利用してください。

機種変更より乗り換えがおすすめなパターン

乗り換えにおすすめなホームルーター
ソフトバンクエアー
おすすめユーザー
  • ライトユーザー(ネット検索・SNSを楽しむなど)
  • 新みんな家族割を適用したい
メリット
  • 新みんな家族割を適用すると安い
デメリット
  • 基本料金が高め
  • 実測値が遅め・途切れやすい
機種変更がおすすめ
  • 端末代金の支払いが完了している
  • 端末を購入して機種変更する
  • 新みんな家族割を適用している
乗り換えがおすすめ
  • レンタルプランを契約中
  • 端末代金の支払いが完了していない
  • 通信速度を速くしたい・安定させたい

ソフトバンクエアーの機種変更をするなら、他社ホームルーターに乗り換えのほうがおすすめなパターンもあります。

ここではソフトバンクエアーから乗り換えにおすすめなホームルーターを3つピックアップして紹介します。

乗り換えにおすすめホームルーター
Broad WiMAX
  • 他社違約金19,000円まで補填
  • 契約期間がないプランがある
GMOとくとくBB WiMAX
  • ホームルーターのなかで最安級
  • 他社違約金補填
  • キャッシュバック特典あり
ドコモ home 5G
  • ホームルーターのなかで最速級
  • 現金キャッシュバック10,000円もらえる

ソフトバンクエアーの解約に費用がかかるなら「Broad WiMAX」

Broad Wimax

Broad WiMAXのおすすめポイント

  • WiMAX史上最速の下り最大4.2Gbps
  • 最新端末が選べる
  • 申込から8日以内ならキャンセル可能
  • au、UQスマホとのセット割に対応
月額料金 初月:1,397円
1~36ヶ月:3,773円
37ヶ月~:4,818円
月間データ容量 無制限
端末代 31,680円 契約期間 24ヶ月

※ギガ放題コスパDXプランの場合

ソフトバンクエアーの解約に費用がかかるなら「Broad WiMAX」への乗り換えがおすすめです。

Broad WiMAXはWiMAXのプロバイダで、他社違約金19,000円までキャッシュバックしてくれます。

Broad WiMAXでは、契約期間で選べる2つの新プランの提供を開始しました。

従来プランでは、月額料金が契約経過月によって変動していましたが、今回新しく登場したプランは、月額料金が変動しない分かりやすいプランとなっています。

最安でホームルーターを使いたいなら「GMOとくとくBB WiMAX」

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXの
おすすめポイント

  • 高額キャッシュバックあり
  • 他社から乗り換えでさらにお得
  • 契約期間実質縛りなし
  • au、UQスマホとのセット割に対応
月額料金 端末発送月:1,089円
1~12ヶ月:3,784円
13~35ヶ月:4,334円
36ヶ月~:5,104円
月間データ容量 無制限
端末代 27,720円
(月770円×36回)
契約期間 24ヶ月

ホームルーターをコスパで選ぶなら「GMOとくとくBB WiMAX+5G」がおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gは、月額料金の割引、キャッシュバックの豊富なキャンペーンで実質月額最安級で利用できるWiMAXのサービスです。

安いからと言って、通信速度が遅いということもありません。使用している通信はWiMAXなので、Broad WiMAXなどと同じ使用感です。

通信速度を安定させたいなら「home 5G」

home 5G

home 5G × ITX のおすすめポイント

  • 15,000円のキャッシュバック
  • 端末代金が実質無料
  • 下り速度は最大4.2Gbps
  • ドコモスマホとのセット割に対応
月額料金 4,950円 月間データ容量 無制限
端末代 実質無料 契約期間 なし

「home 5G」は2021年8月にドコモから提供が開始されたホームルーターです。ドコモ回線を使って通信するので、全国の幅広いエリアで利用できます。

home 5Gの最大の魅力は、ドコモの5G回線を利用した圧倒的な通信速度の速さです。下り最大速度は4.2Gbpsで、平均実測値も光回線と遜色ない数値が出せています。

インターネット回線を契約しても、通信品質が悪ければ損をしてしまいます。特にテレワークやオンライン授業など、良い通信環境が必須のユーザーにおすすめのサービスです。

まとめ

ソフトバンクエアーの速度に不満を感じている人や古い端末を使っている人は、ソフトバンクショップへ行き次の手順で最新機種に変更してみましょう。

ソフトバンクエアーを機種変更する方法
1.必要なものを準備する
2.来店予約をする
3.予約日にソフトバンクショップへ行く
4.自宅に新しい端末が届く
5.新しい端末をコンセントに接続する

機種変更をすると、新たに端末代の分割払いがスタートします。

端末残債がある状態で機種変更すると、古い端末代と新しい端末代が二重で請求されてしまいますので、端末残債がある人はすべて支払ったタイミングでの手続きがおすすめです。

ただし、端末代を支払い終えるまで時間がかかる人や、元々ソフトバンクエアーの速度に不満がある場合は他のホームルーターへの乗り換えも検討してみましょう。

ソフトバンクエアーの機種変更を検討している人は、本記事を参考に適切な方法で手続きを行ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました