Wi-Fiのレンタル利用はおすすめ?おすすめの申し込み窓口や選び方・注意点など徹底解説

ポケット型WiFi レンタル ポケット型WiFi

※ 記事内の情報は執筆・更新時点の内容です。

WiFiをレンタルする際のおすすめの事業者や選び方はあるのか気になっている人もいるでしょう。

本記事では、WiFiをレンタル利用するメリットや注意点、おすすめのレンタルWiFiと選び方、契約から返却までの手順などを解説します。

シンプルくん

この記事では
・レンタル用WiFiのメリットと注意点
・利用期間ごとに見たおすすめのレンタル用WiFi
・WiFiをレンタルするの手順・方法
を解説していくよ!

ホームルーター、ポケット型WiFiの
おすすめはこちら!

シンプルwifi

5G対応工事不要
高速インターネットなら

シンプルWiFi がおすすめ

レンタル用WiFiとは?

ポケット型WiFiの画像
レンタル用WiFiとは?

レンタル用WiFiとは、1日の短期からでも利用できるWiFiサービスです。

通常のWiFiサービスは数ヶ月~数年単位の契約を結び、契約期間中に解約すると違約金が請求される場合もあります。

シンプルくん_ひらめき顔

レンタル用のWiFiなら、必要な期間とデータ容量の契約ができるから無駄がないんだ!

多くの会社がレンタル用WiFiを提供していますが、選び方のポイントとして重要なのは以下の4点です。

レンタル用WiFiの選び方の重要点

  • 1. レンタル期間
  • 2. 料金
  • 3. データ容量
  • 4. 提供エリア

詳しい選び方については、「レンタルするWiFiの選び方」で解説しています。

WiFiをレンタルで利用するメリット

PCとタブレットの画像
WiFiをレンタルで利用するメリット

WiFiをレンタルで利用するメリットを3つピックアップします。

WiFiをレンタルで利用するメリット

  • 工事不要でそのままネット環境が整う
  • 1日からの短期でも利用できる
  • 返却方法が多彩で使いやすい

それぞれをわかりやすく解説します。

工事不要でそのままネット環境が整う

ポケット型WiFiやホームルーターは、電源を入れて簡単な設定をするだけでインターネットに接続できます。

工事が不要で、到着した当日からすぐに利用できることが最大のメリットです。自宅内だけでなく、外出先に持ち運んで気軽にWiFiを利用できるため、急な旅行や出張などにも対応できます。

1日からの短期でも利用できる

レンタル用WiFiは、1日単位の超短期契約が可能です。

シンプルくん

通常のWiFiサービスの場合、数ヶ月~数年など契約期間が設けられることが一般的だよ。

このような長期契約を結ばずに済み、必要な期間だけ、必要なデータ容量を無駄なく契約できることもメリットといえます。

返却方法が多彩で使いやすい

レンタル用WiFiの返却方法は、主に以下の5種類です。

返却方法の種類

  • 郵送(ポスト投函)
  • 宅配便
  • コンビニ
  • 店舗
  • 空港カウンター

対応する返却方法は会社によって異なりますが、自宅やその周辺からの返却もコンビニなど提携する店舗からの返却も可能です。

旅行で使用した場合、帰りの空港カウンターで返却できる場合もあるため、非常に便利でしょう。

レンタルするWiFiの選び方

ポケット型WiFiの画像
レレンタルするWiFiの選び方

レンタルするWiFiに悩んだ際は、以下4つのポイントを見ながらご自身に合った会社を選びましょう。

レンタルするWiFiの選び方

  • 選び方①:レンタル期間
  • 選び方②:料金
  • 選び方③:データ容量
  • 選び方④:提供エリア

どのようなポイントに注目すると契約で失敗しにくいのか、それぞれの項目に分けて詳しく解説します。

レンタルするWiFiの選び方①:レンタル期間

最初に注目したいのは、レンタル期間です。

1日単位で契約できる会社から、1ヶ月以上の契約が求められる会社まで、会社によって契約期間が大きく異なります。

どうやって契約期間を決めるのがベストなの?

電波くん_困り顔
シンプルくん_ひらめき顔

まずはWiFiの用途を整理しよう!次に利用する期間を決めてから、それに対応できる会社を選ぶのがおすすめだよ。

数日~1ヶ月までの利用なら、1日単位でレンタルを行っている会社の利用がおすすめです。

2ヶ月以上ポケット型WiFiを利用したいならば、1ヶ月単位からのレンタルサービスを行っている会社を選ぶとお得になるでしょう。

契約期間ごとにおすすめの6社を確認する
短期利用におすすめ ・1日~数日だけの利用なら「どんなときもWiFi for レンタル
・2週間~1ヶ月だけの利用なら「WiFiレンタルどっとこむ
中長期利用におすすめ ・月間データ容量無制なら「シンプルWiFi
・月間100GB&1ヶ月以上の利用なら「縛られないWiFi
・月間100GB&1ヶ月以上の利用なら「AiR-WiFi
・月間20GB&1ヶ月以上の利用なら「どこよりもWiFi

レンタルするWiFiの選び方②:料金

契約期間にあわせて確認したいのは料金です。

月額料金以外にも諸費用がかかるので、料金を比較する際はトータルコストを比較しましょう。レンタル用型WiFiの契約でかかる料金は、以下のとおりです。

レンタルするWiFiの契約にかかる料金

  • WiFiの利用料金
  • オプション料金(加入する場合のみ)
  • 契約や受取、返却にかかる事務手数料
  • 本体返却時の送料

本体返却時の送料は、利用料金に含まれている場合もあれば、実費が必要になる場合もあります。

また解約時には、契約期間の縛りがある場合は解約金、返却が遅延した場合や機器を紛失した場合は損害金が別途かかる場合もあります。

レンタルするWiFiの選び方③:データ容量

3つ目は、利用したいデータ容量にも注目しましょう。

契約する会社やプランにより、月間データ容量は1GB~100GB、そして無制限まで分かれます。

参考までに、月間100GBで出来ることの目安を表にまとめました。

月間100GBで出来ることを確認する
Webサイトの閲覧 約500,000回
YouTubeの視聴 約223時間
SNSの閲覧 約100時間
ビデオ会議 約300時間
音楽の再生 約1,150時間
メール・メッセージ送信 約20,000,000通

一般的な利用用途であれば、月間100GBがあれば対応できるでしょう。

これ以上のデータ容量を利用したい場合、もしくはデータ容量を気にせずインターネットに接続したい場合は、データ容量が無制限の「縛られないWiFi」がおすすめです。

レンタルするWiFiの選び方④:提供エリア

最後に確認したいのは、提供エリアです。

WiFiの使用回線は契約する会社や端末によって異なります。WiMAXの場合はWiMAX 2+/WiMAX +5Gとau回線、それ以外のクラウドSIMはドコモ・au・ソフトバンクのうちいずれかの回線を使って接続するため、利用したいエリアに対応する会社・端末を利用することが大切です。

エリア確認の際は、住んでいる場所だけではなく、利用する地域やエリア全体を確認しましょう。

シンプルくん_ひらめき顔

たとえば職場や学校など、よく出かける場所がエリアに入っているかは重要になってくるよ!

また、海外で利用する場合も対象となる国をしっかり確認しておきましょう。短期契約可能なクラウドSIM系のサービスでは、オプションでその月だけ海外で使うということもサービスによっては可能です。逆にWiMAXは海外利用できません。

レンタル用WiFiの注意点

アテンションマークの画像
レンタル用WiFiの注意点

レンタル用WiFiを契約する際は、以下の2点に注意しましょう。

レンタル用WiFiの注意点

  • 返却時に端末が破損、損失した場合は違約金が発生する
  • 1年以上の利用になるなら購入の方が安く済む

いずれの項目もわかりやすく解説します。

返却時に端末が破損、損失した場合は違約金が発生する

端末や付属品はいずれもレンタル品なので、解約時には返却が必要です。

仮に端末や付属品が破損していたり、紛失したりして返却できなかった場合は、利用料金などとは別に違約金・損害金が発生するため注意しましょう。

違約金・損害金を防ぐにはどうしたらいいの?

電波くん_困り顔
シンプルくん_ひらめき顔

破損や紛失のリスクを避けるためには、あらかじめ端末保証オプションの加入がおすすめだよ!

別途オプション料金は発生しますが、万が一の際に違約金・損害金を支払う必要がなくなる可能性もあります。保証内容と料金をそれぞれ確認のうえ、オプションの契約を検討しましょう。

1年以上の利用になるなら購入の方が安く済む

WiFiのレンタルは1日単位で利用でき、短期間の利用に向いているサービスといえます。

しかし1年以上の長期契約をする場合は、契約の方がお得です。

実際に「どんなときもWiFi for レンタル」と「AiR-WiFi」の料金を下記表で比較しているので確認してみましょう。

「どんなときもWiFi for レンタル」と「AiR-WiFi」の料金比較を確認する
会社 1ヶ月(30泊31日)の料金 12ヶ月の料金
どんなときもWiFi for レンタル 7,700円 80,300円
AiR-WiFi 6,578円 42,636円

※どんなときもWiFi for レンタルは送料1,100円、AiR-WiFiは契約事務手数料3,300円を含む

1ヶ月目の料金ではその差が1,000円強ですが、1年間になると2倍近い差額が発生します。長期利用をするなら、レンタルではなく契約がおすすめです。

【ホームルーター】レンタル用WiFiのおすすめ

ホームルーターの画像
【ホームルーター】レンタル用WiFiのおすすめ

レンタルしたい端末がホームルーターの場合は、取り扱いがあるサービスが少ないので注意が必要です。

前述で紹介したおすすめのサービスの中でホームルーターを取り扱っているのは以下の2社になります。

ホームルーターのレンタルにおすすめの2社

  • WiFiレンタルどっとこむ
  • 縛られないWiFi
おすすめ窓口 料金 おすすめポイント
WiFiレンタルどっとこむ 短期1日700円~ ホームルーターも選べる
1日から使えるレンタルサービス
縛られないWiFi 1ヶ月4,620円~ ホームルーターも選べる
短期解約可能なWiFiサービス

WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむのロゴ画像
WiFiレンタルどっとこむ(引用元:WiFiレンタルどっとこむWiFi公式サイト[2])

自宅で使うホームルータータイプを、WiFiレンタルどっとこむで利用する場合、2週間~1ヶ月程度使いたい人に向いています。(1日~でも利用できます)

WiFiのレンタルサービスというと、持ち運びしやすいポケット型のルーターのイメージが強いと思いますが、自宅におすすめの据え置き型、ホームルータータイプのWiFiもレンタル可能なんです。

利用できる、ホームルータータイプのWiFiが「SoftBank WN-CS300FR 無制限」「WiMAX 5G L11 無制限」「WiMAX 5G L12 無制限」などがあります。

短期1日の場合、526円~700円で利用でき、30泊31日の場合は7,880円~9,800円からの契約が可能です。

WiMAXのホームルーターはポストで返却することができません。宅配・コンビニを利用した受取・返却が可能です。ちょっと、試しに使ってみたい、特定の期間だけ必要になった場合など検討してみてはいかがでしょうか。

縛られないWiFi

縛られないWiFi

縛られないWiFiのホームルータータイプでは、WiMAXの「HOME02」と「L02」の2種類がレンタル可能です。初回は事務手数料の3,300円がかかりますが、月額は4,620円で使用できます。

支払方法はクレジットカードの他に口座振替にも対応しているのもポイントです。

また、Web上から、申込みも可能でスムーズにでき平時の14時までの申し込みで最短で当日発送も可能です。解約方法も簡単で、解約専用フォームから受付し返送用の伝票も一緒に届けられるので、返却も簡単です。

長めの期間、必要とする場合は縛られないWiFiの利用も検討してみるといいでしょう。

【短期】レンタル用ポケット型WiFiのおすすめ

スマホを触る手の画像
【短期】レンタル用ポケット型WiFiのおすすめ

1日~1ヶ月の短期利用を希望する人には、以下4社の利用がおすすめです。

短期の利用者におすすめの4社

  • どんなときもWiFi for レンタル
  • WiFiレンタルどっとこむ
  • WiFi東京
  • WiFiレンタル屋さん
おすすめ窓口 料金 おすすめポイント
どんなときもWiFi for レンタル 1日300円~ データ容量・レンタル期間によって選べるプラン設定
WiFiレンタルどっとこむ 1日 496円~ 豊富な端末から選べるプラン設定(5G対応のWiMAX有)
WiFi東京 1日 440円~ ソフトバンクのPocketWiFiが安くレンタルできる
WiFiレンタル屋さん 1日 390円~ 会員登録でレンタル料金10%をポイント還元

各社の特徴をわかりやすく解説します。

どんなときもWiFi for レンタル

どんなときもWiFiのロゴ画像
どんなときもWiFi for レンタル(引用元:どんなときもWiFi公式サイト[1])

どんなときもWiFi for レンタルでは、1日330円から利用できる格安レンタルプランを用意しています。

1ヶ月の上限額が最安6,600円に設定されており、予定外に利用期間が延びたとしても安心です。

シンプルくん

返却は契約時に受け取ったレターパックプラスに梱包し、ポストに投函するだけ!

オプションにはなりますが、水漏れや破損に対応するレンタル安心保証には1日44円から加入できます。

WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむのロゴ画像
WiFiレンタルどっとこむ(引用元:WiFiレンタルどっとこむWiFi公式サイト[2])

WiFiレンタルどっとこむでも1日単位でレンタルを実施していますが、とくに2週間~1ヶ月程度利用したい人に向いています。

30泊31日の場合は月間6GBまでなら2,575円から、データ容量無制限なら5,200円からの契約が可能です。

全国10の空港カウンターと宅配・ポスト、コンビニを利用した受取・返却が可能で、用途に応じた使い方を選べることもメリットといえます。

WiFi東京

WiFi東京のロゴ画像
WiFi東京(引用元:WiFi東京公式サイト[4])

WiFi東京は、とにかく安く利用したい人におすすめです。

ソフトバンク回線の「501HW」を利用した大容量プランのみの提供にはなりますが、1日~の短期レンタル(440円~)も60日~の長期レンタル(13,200円)もレンタルプランとしては最安級の料金設定になっています。

平日17時までの申し込みであれば翌日に届くため、急にWiFiが必要になった時も利用しやすいでしょう。

WiFiレンタル屋さん

WiFiレンタル屋さんのロゴ画像
WiFiレンタル屋さん(引用元:WiFi東京公式サイト[2])

WiFiレンタル屋さんはレンタル実績80万件以上の人気のWiFiレンタルサービスです。

ドコモ・ソフトバンク・WiMAX・クラウドSIMといった多数のポケット型WiFiが用意されています。WiFiレンタル屋さんも平日17時までの申し込みで当日配送に対応しています。

会員登録すると注文金額小計の10%がポイントとして還元されるため、海外旅行が多い人やよくレンタルWiFiを利用する人におすすめです。

【中長期】レンタル用WiFiのおすすめ

アルファベットの画像
【中長期】レンタル用WiFiのおすすめ

1ヶ月以上の中長期利用を計画している場合は、以下の3社の利用がおすすめです。

中長期の利用者におすすめの3社

  • 縛られないWiFi
  • AiR-WiFi
  • どこよりもWiFi
おすすめ窓口 料金 おすすめポイント
縛られないWiFi 1ヶ月3,190円~ WiMAXとクラウドSIMから選べる3つのプラン
AiR-WiFi 1ヶ月3,278円~ 端末によって選べる3つのプラン
どこよりもWiFi 1ヶ月3,058円~ 月額料金がとにかく安い

各社の特徴を詳しく解説していきます。

縛られないWiFi

縛られないWiFi

縛られないWiFiでは、回線速度の速さと安定性に定評のあるWiMAXを月額4,620円で契約できます。

申し込みは土日祝日を含めた24時間対応で受け付けており、14時までに申し込みを済ませた場合は、最短で即日発送の対応を受けることが可能です。

解約の申し込みはWeb上から行えるうえ、端末返送用の伝票も届くため、返却の手間も最小限に抑えられます。

AiR-WiFi

Air-WiFi

AiR-WiFiでは、月額3,278円から月間100GBのポケット型WiFiを契約できます。

シンプルくん_ひらめき顔

世界135の国と地域から接続できるため、海外旅行や出張が多い人にもおすすめだよ!

また、初回契約限定の「30日間お試しモニター」も付帯します。契約後に電波状況や通信問題に不満を感じた場合、月額費用0円・初期費用0円で解約可能です。

どこよりもWiFi

どこよりもWiFiのロゴ画像
月間20GB&1ヶ月以上の利用なら「どこよりもWiFi」(引用元:どこよりもWiFi公式サイト[3])

どこよりもWiFiでは、月間100GBのデータ容量を月額3,058円で利用できます。

「他社よりも1円でも高い場合は値下げします!」と大胆なキャンペーンを実施しており、先述したAiR-Wi-Fiよりも安価に契約が可能です。

端末到着から7日以内に解約を申請し、20日以内に端末を返却すると初期費用・月額料金・解約金がいずれもかからないことも特徴です。

WiFiをレンタルする手順・流れ

ポストの画像
WiFiをレンタルする手順・流れ

WiFiをレンタルする手順・流れを、すべてのステップごとに解説します。

①希望する会社のWebサイトから申し込みをする

利用したい会社が決まったら、Webサイトから申し込み手続きを行いましょう。

申し込みに必要な情報は契約する会社によって異なりますが、基本的には申し込みフォームから以下の情報を入力します。

申し込みフォームに入力する主な情報

  • 契約するプラン
  • 契約するポケット型WiFiの台数
  • 利用する端末の種類やカラー
  • オプション
  • 契約者の住所、氏名、電話番号などの個人情報
  • クレジットカードなど支払いに必要な情報

すべての情報を入力したら、その内容を確認して問題がなければ送信します。申し込み手続きは早ければ5分程度で完了するため、初めての人でも簡単です。

②端末の到着後、利用を開始する

端末が到着したら、本体や契約書などを確認し契約内容に誤りがないか確認しましょう。

問題がなければ端末を充電し、電源を入れてください。これだけでWiFi環境が整い、工事不要でインターネットに接続できます。

続いて接続したいスマホやPC、ゲーム機などの電源を入れて、WiFiの接続画面を開きましょう。

端末や本体に記されたSSIDに接続し、箱などに書き込まれたパスワードを入力して接続ボタンを押すと、インターネットにつながります。

③契約期間終了にあわせて端末を返却する

契約期間終了にあわせて端末を返却すると、契約は完了です。

シンプルくん_困り顔

返却期間をオーバーすると追加料金が発生する可能性もあるから注意しよう!

また本体だけでなく、ケーブルや説明書などの付属品も忘れずに同梱してください。1つでも欠品していると、機器損害違約金が発生する可能性もあります。

対応する返却方法も、契約する会社によって異なります。契約前に返却方法についても確認し、返却しやすい会社かどうかを確認しておきましょう。

まとめ

レンタル用のWiFiとは、1日単位で契約できるWiFiサービスです。

通常のポケット型WiFiは数ヶ月~数年単位の契約を結び、契約期間中に解約すると違約金が請求される場合があります。契約期間に躊躇する方は、1日単位や短期間でレンタルできるWiFiがおすすめです。

WiFiをレンタルするメリット

  • 工事不要でそのままネット環境が整う
  • 1日からの短期でも利用できる
  • 返却方法が多彩で使いやすい

レンタル用WiFiの注意点

  • 返却時に端末が破損、損失した場合は違約金が発生する
  • 1年以上の利用になるなら購入の方が安く済む

【おすすめのレンタルWiFiサービス】

短期利用におすすめ どんなときもWiFi for レンタル
WiFiレンタルどっとこむ
WiFi東京
WiFiレンタル屋さん
中長期利用におすすめ 縛られないWiFi
AiR-WiFi
どこよりもWiFi

レンタル用WiFiを選ぶ際は、以下のポイントに注目しましょう。

レンタル用WiFiの選び方

  • 選び方①:レンタル期間と料金
  • 選び方②:料金
  • 選び方③:データ容量
  • 選び方④:提供エリア

この記事では、契約から返却までの手順も含めて、レンタル用WiFiの詳細をお伝えしました。

まずは利用する期間を整理して、レンタルがお得なのか、それとも契約がお得なのかを考えたうえで、ご自身に合った会社から契約を結びましょう。

タイトルとURLをコピーしました