ゲームにおすすめなWiFi(ネット回線)5社|光回線は速度が速くPingも低い?無線ではゲームできない?

ゲームにおすすめなWiFi(ネット回線)5社 インターネット・WiFi

※ 記事内の情報は執筆・更新時点の内容です。
※ 当サイトのコラムページではアフィリエイト広告の掲載が含まれています。

「ゲームが安定してプレイできるWiFiやネット回線を探しているけど、サービスが多すぎてどこが良いかわからない…」とお悩みですか?

調べてみても「せっかくネット回線を契約したのにラグがひどい」「WiFiがすぐ落ちてしまってゲームどころではない」という声を、SNSで見たことがある方も多いと思います。

そこで本記事では、ストレスフリーでゲームがプレイできるWiFi(ネット回線)の選び方と、おすすめ光回線、おすすめWiFi(ネット回線)を紹介していきます!

光回線のキャンペーンについてもまとめているので、参考にしてみてください。

この記事を読んでわかること
  • ゲームは高速通信・低Ping値の光回線が最適!
  • 光回線なら完全無制限だから速度制限もナシ
  • おすすめ光回線5社から選べば失敗なし!
  • 光回線の料金が高いならスマホセットできる回線がおすすめ
  • 工事不要WiFiで選びたいならホームルーターがおすすめ

★ゲームにおすすめな光回線まとめ

光回線 ロゴ サイト おすすめポイント 通信速度 基本料金
最大速度 実測速度 実測Ping値 戸建て マンション
hi-hoひかり with games hi-howithgames
ゲーミングルーターがレンタルできる!
ゲーム特化型の光回線
  • 1Gbps
  • 10Gbps
417.83Mbps 11.5ms ~1ヶ月:0円
2ヶ月~:6,160円
~1ヶ月:0円
2ヶ月~:4,840円
NURO光 NURO光 安くて速い!
コスパ最強の光回線
  • 2Gbps
  • 10Gbps
590.84Mbps 11.83ms 5,200円 2,090~2,750円
auひかり auひかり ゲーマーから高評価!
安定した実測値が魅力
  • 1Gbps
  • 5Gbps
  • 10Gbps
520.69Mbps 15.07ms ~12ヶ月:5,610円
~24ヶ月:5,500円
25ヶ月~:5,390円
(16V)4,180円
コミュファ光ゲーミングカスタム コミュファ光 東海エリア限定!
ゲーム特化型の光回線
  • 1Gbps
  • 10Gbps
1584.28Mbps 10.38ms 5,940円  
GameWith光 gamewith光 日本最大ゲームメディア・プロeスポーツチーム運営会社の光回線
  • 1Gbps
  • 10Gbps
441.91Mbps 15.3ms ~1ヶ月:0円
2ヶ月~:6,160円
~1ヶ月:0円
2ヶ月~:4,840円

実測値:みんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の実測値平均を記載しています。

ホームルーター、ポケット型WiFiの
おすすめはこちら!

シンプルwifi

5G対応工事不要
高速インターネットなら

シンプルWiFi がおすすめ

  1. オンラインゲームのプレイに必要な数値の目安
    1. [Ping値]ベストは15ms以下
    2. [ダウンロード速度]ベストは100Mbps以上
    3. [アップロード速度]ベストは30Mbps以上
  2. ゲームのWiFi(ネット回線)なら光回線が最適!その理由は?
    1. 光回線がゲーム向きな理由①ping値が低い
    2. 光回線がゲーム向きな理由②通信が安定している
    3. 光回線がゲーム向きな理由③通信速度が速い
    4. 光回線がゲーム向きな理由④速度制限を気にせずプレイできる
  3. 光回線以外のWiFi(ネット回線)ならどれを選ぶべき?
    1. ホームルーターの仕組みとは?
    2. ポケット型WiFiの仕組みとは?
    3. 光回線の仕組みとは?
  4. ゲーム上位勢を目指す方におすすめな光回線5社
    1. おすすめ光回線①hi-hoひかり with games
    2. おすすめ光回線②NURO光
    3. おすすめ光回線③auひかり
    4. おすすめ光回線④コミュファ光ゲーミングカスタム
    5. おすすめ光回線⑤GameWith光
  5. ゲームをエンジョイしたい方におすすめな光回線5社
    1. [ドコモ光]ドコモユーザーにおすすめな光回線
    2. [ビッグローブ光]auユーザーにおすすめな光回線
    3. [ソフトバンク光]ソフトバンクユーザーにおすすめな光回線
    4. [楽天ひかり]楽天モバイルユーザーにおすすめな光回線
    5. [IIJmioひかり]格安SIMユーザーにおすすめな光回線
  6. 戸建てにお住まいなら電力系光回線がおすすめ
    1. [eo光]関西エリアのおすすめ光回線
    2. [コミュファ光]東海エリアのおすすめ光回線
    3. [メガエッグ光]中国エリアのおすすめ光回線
    4. [ピカラ光]四国エリアのおすすめ光回線
    5. [BBIQ光]九州エリアのおすすめ光回線
  7. 工事不要WiFiならホームルーターがおすすめ
    1. おすすめ工事不要WiFi①ドコモ home 5G
    2. おすすめ工事不要WiFi②GMOとくとくBB WiMAX
    3. おすすめ工事不要WiFi③シンプルWiFi
  8. 外出先でもWiFiを使うならWiMAXがおすすめ
    1. おすすめ工事不要WiFi①GMOとくとくBB WiMAX
    2. おすすめ工事不要WiFi②Broad WiMAX
    3. おすすめ工事不要WiFi③縛られないWiFi
  9. ゲーム向けWiFi(ネット回線)の速度・Ping値を比較
    1. [全21社]WiFi(ネット回線)の速度・Ping値を比較
    2. [全13社]光回線の速度・Ping値を比較
  10. オンラインゲームで回線が遅いときの対処法
    1. ➀機器を再接続する
    2. ②通信障害やサーバーダウンが解消されるまで待つ
    3. ③WiFi接続している人は有線接続する
    4. ④ルーターの性能をチェックする
    5. ⑤LANケーブルの規格が古くないかチェックする
    6. ⑥光回線なら通信方式に注目する
  11. 使用中のWiFi(ネット回線)速度の計測方法
    1. Nintendo Switch本体で速度計測する方法
    2. PS4・PS5本体で速度計測する方法
  12. ゲームのWiFi(ネット回線)についてよくある質問
    1. ゲームプレイにおすすめの回線は?
    2. 申し込みしてからどれくらいで開通する?
    3. ゲームサーバーがダウンしてしまう要因は?
  13. 2023年6月終了:ゲーム向け光回線
    1. ゲーム向け光回線|OCN光
  14. まとめ

オンラインゲームのプレイに必要な数値の目安

オンラインゲームのプレイに必要な数値の目安
オンラインゲームのプレイに必要な数値の目安

オンラインゲームをストレスなく楽しむためには[Ping値][アップロード速度][ダウンロード速度]が重要です。

ここからは[Ping値][アップロード速度][ダウンロード速度]とは何か、どれくらいの数値がゲームをするうえで最適なのか解説していきます。

[Ping値]ベストは15ms以下

Ping値の図解
ping値 状態 ゲームプレイへの影響
0〜15ms ◎最適 ラグが起こらず、スムーズにプレイできる。
16〜50ms 〇普通 ラグが起こることもあるが、普通にプレイできる。
51〜100ms △やや困難
  • ラグや回線落ちが起こる可能性がある
  • FPSでは撃ち合いに負ける可能性がある
100ms以上 ✕プレイが困難
  • キャラの位置がワープしたり、巻き戻りが起こる
  • ラグや回線落ちが頻発する

Ping値とは、データを送信してから返ってくるまでの速度のことです。通信速度は数値が多ければ良いとされていますが、Ping値は低いほど良い状態だと考えましょう。

そのため、ゲームをしていてラグを感じるときは、このPing値が高い状態です。

FPSやTPSは、動きに対するレスポンス速度が重要なので、通信速度よりもPing値にもっとも注目すべきです。

CPU対戦がメインのゲームやシューティングゲームなどはPing値30ms以下、FPSやTPSを楽しみたいなら15ms以下が理想的です。

理想のPing値 ゲームジャンル (例)ゲームタイトル
15ms以下 FPS・TPS
  • Apex Legends
  • スプラトゥーン
30ms以下 アドベンチャー
  • どうぶつの森
  • ポケットモンスター
30ms以下 スマホ
  • プロセカ
  • Sky

[ダウンロード速度]ベストは100Mbps以上

速度目安
30Mbps 最低限ほしいダウンロード速度
100Mbps以上 理想のダウンロード速度

ダウンロード速度(下り速度)とは、サーバーから機器へデータを受信するときの速度です。

現在は、ほとんどのゲームでデータ通信量が最小限になるよう調整されていますが、あまりに遅いとプレイに支障が出る可能性も否めません。

ゲームプレイ中なら30Mbps以上を安定して計測できていれば問題ありませんが、可能な限り安定した高速通信ができる環境を整えておきましょう。

通信速度が速ければ、ゲームがアップデートされたときのダウンロードにかかる時間も短縮できます。

[アップロード速度]ベストは30Mbps以上

速度目安
1Mbps ゲームに必要なアップロード速度
30Mbps以上 理想のアップロード速度

アップロード速度(上り速度)とは、機器からサーバーにデータを送信するときの速度です。アップロード速度はゲームにおいてほぼ影響せず、1Mbpsほどあれば問題ありません。

ただし「Discordなどで通話しながらプレイしたい」「ゲーム実況をしたい」という方は、30Mbpsは確保しておくと安心です。

とくにゲーム実況をするなら、アップロード速度が遅いと視聴者側の映像が止まったり、読み込みに時間がかかる(ぐるぐるする)ことがあります。

ゲームのWiFi(ネット回線)なら光回線が最適!その理由は?

ゲーム向きWiFi(ネット回線)とは?)

ストレスなくゲームプレイが楽しめるおすすめネット回線(WiFi)は光回線です。

光回線は、光ケーブルを直接部屋へ引き込み、機器を通してゲーム機まで有線接続ができます。

そのためゲームプレイに大きく影響する低Ping値が最も低く、高速通信が可能です。完全無制限なので、速度制限の心配もありません。

ゲームプレイ ◎最適
速度 ◎高速
Ping値 ◎低い
データ通信量 ◎完全無制限
初期費用 △高め(工事費・事務手数料など)
月額料金 △相場4,000円~6,000円
スマホセット割 ◎あり

光回線がゲーム向きな理由①ping値が低い

WiFi(ネット回線)の中で、最もping値が低いのが固定回線(光回線)です。

カードゲームやパズルゲームのように、スピード感のないゲームなら50ms程度で十分ですが、FPSやTPSといった相手の反応を伺うゲームは15ms以下のping値が必要です。

インターネットの反応速度を示す値のPing値は、値が低いほどラグを感じにくくなります。

回線タイプ 平均Ping値
光回線 20.12ms
ホームルーター 54.49ms
ポケット型WiFi 66.76ms

参考:みんなのネット回線速度 に投稿された直近3ヶ月の平均Ping値

光回線がゲーム向きな理由②通信が安定している

光回線は電柱から室内へ直接光ファイバーを引き込むため、すべてのWiFi(ネット回線)のなかで最も通信環境が安定しています。

一方、ホームルーターやポケット型WiFiは、内蔵されているアンテナで電波をキャッチして通信を行う無線式のため、利用環境や時間帯によっては通信が安定しません。

もちろん、光回線も時間帯や地域によって通信速度に影響を受けますが、有線接続をすることで影響を最小限に抑えることもできます。

光回線がゲーム向きな理由③通信速度が速い

WiFi(ネット回線)の中で、最も通信速度が速いのが固定回線(光回線)です。固定回線は電線から光ファイバーを引き込むため、有線で大容量のデータ伝送ができます。

固定回線の最大速度は概ね1Gbpsで、工事不要WiFi(ホームルーター・ポケット型WiFi)よりも速く設定されています。

さらに有線での接続を行えば、電磁波や障害物などの影響をほとんど受けずに済むのも大きなメリットです。

ゲームの中でもFPSのように終始大量のデータを送受信するタイプは、ある程度の通信速度を維持できないと、途中で止まったり落ちたりする可能性があります。

データの伝送方法や最大速度の違いから、光回線がゲームに最適な回線だと言えます。

光回線がゲーム向きな理由④速度制限を気にせずプレイできる

光回線はデータ通信量が完全無制限なため、どれだけゲームをプレイしても速度制限にかかりません。

しかし、ホームルーターやポケット型WiFは、多くの場合、月間に使用できるデータ容量が決まっているので、データを使い過ぎると速度制限にかかります。

速度制限後の通信速度は128kbps〜1Mbps程度となっているため、速度制限中もテキストの送受信やWEBの閲覧は可能です。

しかし、ゲームを楽しむには最低でも30Mbps以上は必要なので、ホームルーターやポケット型WiFiで速度制限にかかると、ゲームプレイはできません。

このことから、速度制限を気にせずゲームプレイできる完全無制限の固定回線がおすすめです。

光回線以外のWiFi(ネット回線)ならどれを選ぶべき?

工事不要WiFiでゲームはプレイできる?

最もストレスフリーでゲームプレイできるWiFi(ネット回線)は、光回線です。

しかし集合住宅(アパート・マンション)にお住まいだったり、引越しの可能性があれば、開通工事工事が必要な光回線は申し込みづらい方もいるでしょう。

そんな方は、工事不要で使えるWiFi(ネット回線)がおすすめです。

工事不要WiFiは[ホームルーター]と[ポケット型WiFi]の2タイプがあります。それぞれメリット・デメリットを紹介します。

ホームルーターの仕組みとは?

ホームルーターは、WiFi通信するためのSIMカードを挿入することで、近くの基地局から電波が拾えるようになります。

ホームルーターに設定されているパスワードを、インターネットを使いたい機器に入力することで、工事不要ですぐにネット環境が整います。

ゲームプレイ △FPS・TPSのプレイは心配
速度 〇早め
Ping値 △平均~高め
データ通信量 〇基本無制限
初期費用 〇中間(端末代・事務手数料など)
月額料金 〇相場4,500円
スマホセット割 ◎あり

光回線は開通工事が必要なので、費用や引越しの可能性、集合住宅オーナーへの許可などの問題で契約が難しい方もいるでしょう。そんな方にはホームルーターがおすすめです。

コンセントにさすだけでWiFiが使えるようになる、設定が簡単な無線式ルーターでのため、[置くだけWiFi][工事不要WiFi]とも呼ばれます。

  ホームルーター(工事不要の置き型WiFi)のメリット

ホームルーター(工事不要の置き型WiFi)は無制限で使用できるプランがメインで、光回線より価格も安めです。

端末性能も高いため、通信速度も速いです。工事不要なだけでなく、光回線より低価格なので、一人暮らしの方にも人気があります。

とはいえ光回線に次いで高速通信かつデータ通信量無制限なので、光回線の契約ができないならホームルーターがぴったりです。

  ホームルーター(工事不要の置き型WiFi)のデメリット

ホームルーター(工事不要の置き型WiFi)は、近くの基地局の電波を拾ってWiFiを使えるようにしている[無線式WiFiルーター]です。

そのため、物件構造・壁や家具などの遮蔽物・家電の電磁波・周辺の通信環境によって通信速度が変動しやすい=速度もPingも不安定です。

筆者は一時期ホームルーターでゲームを楽しんでおり、ポケモンやどうぶつの森といったアドベンチャーゲームなら、そこまで困らずにプレイできました。

しかしオンラインゲームとなると、「この時間帯は結構ラグいことが多いな…」「ルーターの接続が一瞬切れて落ちてしまった!」なんてことが良くありました。

ポケット型WiFiの仕組みとは?

ポケット型WiFiは、WiFi通信するためのSIMカードを挿入することで、近くの基地局から電波が拾えるようになります。

ポケット型WiFiで設定したパスワードを、インターネットを使いたい機器に入力することで、工事不要ですぐにネット環境が整います。

ゲームプレイ ✕不安定
速度 △変動が大きい
Ping値 ✕高め
データ通信量 △基本制限あり
初期費用 ◎安い(端末代・事務手数料など)
月額料金 ◎相場4,000円
スマホセット割 △基本なし

ポケット型WiFiの仕組みは、ホームルーターと同じです。しかし、ホームルーターと比べて持ち運びできるほどコンパクトなサイズとなっています。

自宅外でもWiFiを使いたいなら、ポケット型WiFiがおすすめです。

  ポケット型WiFi(工事不要の持ち運びWiFi)のメリット

ポケット型WiFiは、どこにでも持ち運べるコンパクトなサイズが最大のメリットです。

光回線は開通工事が必要で、ホームルーターはコンセントに差し込まなければWiFiは使えません。つまり、自宅用のWiFi(ネット回線)だと言えます。

しかし、ポケット型WiFiはスマホほどのサイズ感で、充電式です。エリア内であれば、どこでも通信することができます。

ポケット型WiFiのサービスによっては、海外利用することも可能です。

  ポケット型WiFi(工事不要の持ち運びWiFi)のデメリット

ポケット型WiFiは、ホームルーターよりも外的要因を受けやすく、Ping値が高く通信も不安定になりがちです。ゲームプレイは厳しいため、おすすめできません。

オンラインゲームなどではなく「ゲームデータをダウンロードするために通信容量が欲しい」「オンラインゲームもボイスチャットもしない」といった方であれば、低コストなポケット型WiFiもおすすめできます。

光回線の仕組みとは?

光回線がつながる仕組み
フレッツ光(東日本)サイトより引用

光回線とは、光ファイバーという石英ガラスやプラスチックでできたケーブル線を使った通信回線を指します。光回線は、電柱を使って日本全国を通っています。

電話回線を使っている固定回線などもありますが、現在はこれらを総称して光回線と呼ばれることが多いです。

光回線の種類
フレッツ光 NTTから提供されている光回線。NTT東日本・西日本に分かれて運営しており、日本全国で使える光回線。
光コラボ NTT東日本・西日本ではない事業者が、NTTの設備を借りてサービスを提供する光回線。
その他の固定回線 フレッツ光・光コラボ以外の会社が提供している光回線。
自社の光設備やダークファイバーを使っているため、通信速度が高速。月額料金も安いが、提供エリアは限られている。

ゲーム上位勢を目指す方におすすめな光回線5社

ストリートファイターVの写真

近年おうち時間が増えたことで「ゲームのためにWiFi(ネット回線)を導入したい!」という方も増えました。

そこで、WiFi(ネット回線)市場でもゲーム向けの光回線というサービスが登場しています。ここではプロゲーマーも使う、おすすめ光回線をランキングで紹介していきます。

▼横にスクロールできます

光回線 ロゴ 詳細 おすすめポイント 通信速度 基本料金
最大速度 実測速度 実測Ping値 戸建て マンション
hi-hoひかり with games hi-howithgames 詳細 ゲーミングルーターがレンタルできる!
ゲーム特化型の光回線
  • 1Gbps
  • 10Gbps
417.83Mbps 11.5ms ~1ヶ月:0円
2ヶ月~:6,160円
~1ヶ月:0円
2ヶ月~:4,840円
NURO光 NURO光 詳細 安くて速い!
コスパ最強の光回線
  • 2Gbps
  • 10Gbps
590.84Mbps 11.83ms 5,200円 2,090~2,750円
auひかり auひかり 詳細 ゲーマーから高評価!
安定した実測値が魅力
  • 1Gbps
  • 5Gbps
  • 10Gbps
520.69Mbps 15.07ms ~12ヶ月:5,610円
~24ヶ月:5,500円
25ヶ月~:5,390円
(16V)4,180円
コミュファ光ゲーミングカスタム コミュファ光 詳細 東海エリア限定!
ゲーム特化型の光回線
  • 1Gbps
  • 10Gbps
1584.28Mbps 10.38ms 5,940円  
GameWith光 gamewith光 詳細 日本最大ゲームメディア・プロeスポーツチーム運営会社の光回線
  • 1Gbps
  • 10Gbps
441.91Mbps 15.3ms ~1ヶ月:0円
2ヶ月~:6,160円
~1ヶ月:0円
2ヶ月~:4,840円

実測値:みんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の実測値平均を記載しています。

おすすめ光回線①hi-hoひかり with games

hi-hoひかり with gamesのトップ画像

スマホセット

  • なし

キャンペーン

  • 31日間月額料金無料
  • 戸建て
  • マンション
プラン名 戸建てタイプ 回線セット
契約期間 24ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 6,160円
事務手数料 3,300円
開通工事費 19,800円
解約金 5,600円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし
プラン名 マンションタイプ 回線セット
契約期間 24ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 4,840円
事務手数料 3,300円
開通工事費 16,500円
解約金 4,400円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし

hi-hoひかり with gamesは、専用帯域を確保することで混雑する時間帯も安定した高速通信を維持しながら低ping値をキープできる光回線です。

さらに最大4.8Gpsのゲーム用バンドに接続できるゲーミングルーターセットプランもあり、良い環境でゲームをプレイ可能です。強力な処理能力で、ネットワークパフォーマンスを実現しています。

光コラボなので広いエリアで契約でき、開通・乗り換えもカンタン。さらにキャンペーンでお試し期間もあるため「ゲーマー向け回線を試しに使ってみたいな」という方におすすめです。

おすすめ光回線②NURO光

NURO光

NURO光のおすすめポイント

  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 工事費が実質無料
  • 契約解除料が無料
  • 他社の解約金を最大2万円還元
戸建て マンション
月額料金 5,200円 2,090円
~2,750円
契約期間 24ヶ月 36ヶ月
工事費 44,000円

NURO光はソニーネットワークコミュニケーションズから提供されており、auひかりと同じく独自回線の光回線です。

通常の光回線は最大通信速度1Mbpsのところ、NURO光は唯一、最大通信速度2Gbpsで提供しています。

費用も相場より安く設定されているため、コスパ重視なら最適の光回線と言えるでしょう。

しかし、提供エリアが限られているため、事前の提供エリア検索は必須です。また、他光回線より開通工事に時間がかかる(約1ヶ月〜)ことから、2位にランクインとなりました。

おすすめ光回線③auひかり

au光

auひかりのおすすめポイント

  • 最大94,000円のキャッシュバック
  • 高性能WiFiルータープレゼント
  • 実質工事費無料
  • au、UQユーザー毎月最大1,100円割引
戸建て マンション
月額料金 ~12ヶ月:5,610円
~24ヶ月:5,500円
25ヶ月~:5,390円
4,180円
契約期間 36ヶ月 2年
工事費 41,250円 33,000円

KDDIから提供されているauひかりは、他社光回線との回線シェアしていない独自回線であるため、通信混雑が起きづらく安定した高速通信を楽しめます。

また、独自回線のなかで最も提供エリアが広く、ユーザーが多いながら口コミも良いことで人気です。

ただし集合住宅では設備が導入されていないと契約できないパターンがあるため、エリア確認は必ずしておきましょう。

auひかり公式サイトにてエリア確認を行えば、契約対象プランも調べることが出来ます。

  2022年7月より契約解除料が安くなりました

auひかりは解約金の設定が高額、回線撤去工事費が発生するなど、解約のしづらさが最もネックな部分でした。

しかし2022年7月よりインターネット契約等に関する消費者保護ルール が改定されたことで、auひかりの契約解除料金が安くなりました。

特に回線撤去工事費も任意になったため「解約するときに数万円も請求された」「回線撤去工事が引越し日に間に合わない」といったトラブルもなくなります。

■ 契約解除料

対象サービス 改定前 現在
auひかりホーム ギガ得プラン 10,450円 4,460円
ずっとギガ得プラン 16,500円 4,730円
auひかりマンション お得プランA 7,700円 2,290円
お得プラン 10,450円 2,730円

■ 高速サービス解除料を廃止

対象サービス auひかりホーム 5ギガ・10ギガプラン
改定前 2,750円
現在 廃止

■ 光ファイバー引き込み設備撤去を任意化

対象サービス auひかりホーム
改定前 電柱からお客さま宅内までの光ファイバー引き込み設備を、解約時に有料で撤去。
改定後 電柱からお客さま宅内までの光ファイバー引き込み設備を、解約時お客さまのご要望がある場合に有料で撤去。

参考:auひかり、契約解除料の引き下げなど提供条件を改定 | 2022年 | KDDI株式会社

おすすめ光回線④コミュファ光ゲーミングカスタム

コミュファ光

スマホセット

  • auとセットで最大1,100円割引
  • UQモバイルとセットで最大1,100円割引
    (最大10回線まで永年適用)

キャンペーン

  • なし
  • 戸建て
  • マンション
プラン名 1Gホーム
契約期間 24ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 ~1年:4,750円
2年~: 6,710円
事務手数料 770円
開通工事費 27,500円
解約金 解約金:最大29,700円
回線撤去工事費:最大13,200円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし
プラン名 1GマンションF
契約期間 24ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 ~12ヶ月:3,326円
13ヶ月~:3,876円
事務手数料 770円
開通工事費 27,500円
解約金 解約金:最大29,700円
回線撤去工事費:最大13,200円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし

コミュファ光は、中部テレコミュニケーション株式会社から提供されている光回線です。

KDDI系列の光回線ですが、もともと中部電力系列の電力系通信事業者で、資本関係は継続されています。

コミュファ光のプランに[ゲーミングオプション]を付けることで、コミュファ光ゲーミングカスタムが利用できるようになります。

提供エリアは東海エリアに限られていますが、直近3ヶ月で34万件を超える実測値の投稿がある速度投稿サイト(みんなのネット回線速度)では、実測値・Ping値ともにコミュファ光ゲーミングカスタムが1位です。

おすすめ光回線⑤GameWith光

GameWith光

スマホセット

  • なし

キャンペーン

  • 31日間月額料金無料
  • 戸建て
  • マンション
プラン名 戸建て
契約期間 24ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 1ヶ月目:0円
2ヶ月目~:6,160円
事務手数料 2,200円
開通工事費 19,800円
解約金 6,160円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし
プラン名 マンション
契約期間 24ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 1ヶ月目:0円
2ヶ月目~:4,840円
事務手数料 2,200円
開通工事費 19,800円
解約金 4,840円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし

GameWith光はゲームメディア・プロeスポーツチームを運営している会社の光回線です。光コラボですが、自社の専用帯域を持っているため、GameWith光ユーザー以外の影響を受けません。

GameWith光は各ゲームタイトルサーバーのクラウドやプロバイダへ直接接続できるので、アクセスが集中するイベント中でも快適にゲームがプレイできます。

公式サイトで公開されているオンラインゲームプレイ中のping値を見ると、19時〜22時台ですべて7〜8msと10ms以下を計測しています。

オンラインゲームプレイ時のping値は15ms以下が理想なので、Game With光はオンラインゲーマーにとってピッタリな光回線といえるでしょう。

デメリットはスマホセット割が適用できず、月額料金が少し高めに設定されているところです。とはいえゲーム専用回線の安心感は、GameWith光ならではだと言えます。

ゲームをエンジョイしたい方におすすめな光回線5社

ゲームエンジョイ勢におすすめな光回線5社)
ゲームエンジョイ勢におすすめな光回線5社

「ゲームはストレスフリーでプレイしたいけど、光回線のなかでもトップクラスの速度は必要ないかも。コスパを重視で選びたい!」という方も多いのではないでしょうか?

光回線を安くするコツは、スマホセット特典を使うことです。うまく適用できれば、光回線を最安で使うことができますよ。

ご自身の使用しているスマホキャリアによっておすすめは異なるので、以下の表を参考にしてみてください。

ここからは、コスパ(安さ)で選ぶおすすめ光回線をまとめて紹介していきます!

▼横にスクロールできます

光回線 ロゴ 詳細 おすすめポイント 通信速度 基本料金
最大速度 実測速度 実測Ping値 戸建て マンション
ドコモ光 ドコモ光 詳細 ドコモスマホとセット割引あり
  • 1Gbps
  • 10Gbps
280.53Mbps 19.34ms 5,720円 4,400円
ビッグローブ光 ビッグローブ光 詳細 auスマホとセット割引あり 1Gbps 264.21Mbps 18.49ms 5,478円 4,378円
ソフトバンク光 ソフトバンク光 詳細 ソフトバンクとセット割引あり 1Gbps 316.35Mbps 15.81ms 5,720円 4,180円
楽天ひかり 楽天ひかり 詳細 楽天モバイルとセットでポイント還元率アップ 1Gbps 240.93Mbps 19.5ms 5,280円 4,180円
IIJmioひかり IIJmioひかり 詳細 スマホセットでネット基本料金1年0円 1Gbps 290.68Mbps 27.01ms ~6ヶ月:1,760円
7ヶ月~:5,456円
~6ヶ月:660円
7ヶ月~:4,356円

実測値:みんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の実測値平均を記載しています。

[ドコモ光]ドコモユーザーにおすすめな光回線

ドコモ光

ドコモ光のおすすめポイント

  • 最大10万円のキャッシュバック
  • 新規工事費が無料
  • 高性能WiFiルーターレンタル無料
  • ドコモユーザー毎月最大1,100円割引
戸建て マンション
月額料金 5,783円 4,463円
契約期間 2年
工事費 キャンペーン適用で完全無料

ドコモ光はフレッツ固定回線を使った光コラボ回線です。通信が安定しており、オンラインゲームに必要な実測値もあります。

通信速度は固定回線として平均的ですが、v6プラス対応のプロバイダを選べば、通信速度が速くなり、より安定して遊べるようになります。

また、プロバイダをGMOとくとくBBで選べば、v6プラス対応のルーターを永年無料で貸し出してくれます。

ドコモ光は申し込み後にゲーム向けオプション[PLALA GGGG光]を追加加入することもできるため、特におすすめといえます。

[ビッグローブ光]auユーザーにおすすめな光回線

biglobe-hikari-hikari

スマホセット

  • auスマホとセットで最大1,100円割引
    (最大10回線まで永年適用)
  • UQモバイルとセットで最大858円割引
    (最大10回線まで永年適用)

キャンペーン

  • 選べるキャンペーン特典
    [特典①]最大68,000円キャッシュバック
    [特典②]最大57,000円キャッシュバック+工事費実質無料特典
  • 無線LANルーター6ヶ月間レンタル代無料
  • 戸建て
  • マンション
プラン名 ファミリープラン
契約期間 3年(自動更新)
最大通信速度 1Gbps
基本料金 5,478円
事務手数料 3,300円
開通工事費 19,800円 実質無料
解約金 4,230円
IPv6対応 〇無料オプション
ルーター特典 〇半年レンタル無料
プラン名 マンションタイブ
契約期間 3年(自動更新)
最大通信速度 1Gbps
基本料金 4,378円
事務手数料 3,300円
開通工事費 16,500円 実質無料
解約金 3,360円
IPv6対応 〇無料オプション
ルーター特典 〇半年レンタル無料

ビッグローブ光は、KDDIのグループ会社であるビッグローブ株式会社が提供している光回線です。

ビッグローブはプロバイダ事業者として20年以上のサービス提供をしており、実績と信頼のある通信会社となっています。

ビッグローブ光はauユーザーならセット割引で最安級になる光回線です。

また、ビッグローブ光は、毎月キャンペーンを行っています。現在では高額キャッシュバックもしくは月額料金 大幅値引きのどちらか選べる特典キャンペーンの実施中です。

[ソフトバンク光]ソフトバンクユーザーにおすすめな光回線

ソフトバンク光

ソフトバンク光のおすすめポイント

  • 最大37,000円のキャッシュバック
  • 他社違約金を10万円まで補填
  • 実質工事費無料
  • ソフトバンク、ワイモバイルユーザーは
    毎月最大1,100円割引
戸建て マンション
月額料金 5,720円 4,180円
契約期間 24ヶ月
工事費 26,400円

ソフトバンク光もフレッツ固定回線を使った光コラボ回線で、通信速度は固定回線の中でも平均的なサービスです。

ソフトバンク光では「ゲーム中に通信が不安定になる」という口コミも見ることもありますが、IPv6高速ハイブリッドというオプションを利用することで、回線速度が向上し、より安定した通信が可能になります。

IPv6高速ハイブリッドと使用するには、光BBユニットというルーターをレンタルする必要があります。

月額料金513円の料金が発生しますが、ソフトバンク回線のスマホを契約している場合、セット割引が適用となるため実質無料でIPv6高速ハイブリッドが使用可能です。

ルーターのレンタル料がネックに感じる方は、通常のソフトバンク光をそのまま使用してみて、やはり速度が遅く感じるということであれば後から申し込むのもおすすめです。

[楽天ひかり]楽天モバイルユーザーにおすすめな光回線

楽天ひかり

スマホセット

  • 楽天モバイルとセットでポイント還元率アップ

キャンペーン

  • 他社から乗り換えで月額料金1年2,000円割引
  • 戸建て
  • マンション
プラン名 ホームタイプ
契約期間 24ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 5,280円
事務手数料 880円
開通工事費 19,800円
解約金 5,280円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし
プラン名 マンションタイプ
契約期間 24ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 4,180円
事務手数料 880円
開通工事費 16,500円
解約金 4,180円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし

楽天モバイルユーザーが楽天ひかりを使うと、楽天市場でお買い物をしたときの楽天ポイント還元率が常時4倍までアップします。

楽天ポイントは、貯めやすさ・使いやすさ・ポイント確認のしやすさの3項目で最高評価を獲得し、2021年・2022年のポイントサービス満足度はNo1です。

楽天カードなどともまとめるだけで、最大で16倍まで還元率があがるため、キャンペーン手続きなど面倒もなく安く使うことができます。

参考:J.D. パワー 2022 年共通ポイントサービス満足度調査

[IIJmioひかり]格安SIMユーザーにおすすめな光回線

IIJmioひかり

スマホセット

  • IIJmioとスマホセットで660円割引

キャンペーン

  • 月額料金割引
  • 40,000円ぶんギフト券キャッシュバック
  • 初期費用0円キャンペーン
  • 戸建て
  • マンション

※横にスクロールできます。

プラン名 ホームタイプ
契約期間 24ヶ月(自動更新なし)
最大通信速度 1Gbps
基本料金 ~6ヶ月:1,760円
7ヶ月~:5,456円
事務手数料 880円
開通工事費 19,800円
解約金 3,000円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし

※横にスクロールできます。

プラン名 マンションタイプ
契約期間 24ヶ月(自動更新なし)
最大通信速度 1Gbps
基本料金 ~6ヶ月:660円
7ヶ月~:4,356円
事務手数料 880円
開通工事費 19,800円
解約金 3,000円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし

IIJmioひかりは、次世代のインターネット接続方法であるIPoE接続に対応しています。

オプション(無料)を申し込めば、昼間や夜間などネット回線が混雑しやすい時間帯でも比較的スムーズに接続できます。

さらに、IIJmioひかり電話から電話をかけると、通話料金を通常時より最大90%安くできるので、自宅の固定電話から電話をかける頻度が高い人にもおすすめです。

戸建てにお住まいなら電力系光回線がおすすめ

電力系回線のロゴ画像

電力系光回線とは、関西電力や四国電力などの電力会社系列の提供する光回線の総称です。電力の提供エリア内で提供している光回線なので、ユーザー数も限られています。

また、auひかりと同じく他社回線とシェアしない独自回線です。しかしエリアを絞って高品質な通信を提供しているため、回線速度でみるとauひかりよりも高速といえます。

ただし引越しをした場合、転居先が提供エリア外となり契約を引き継いで使えない(解約せざるを得ない)パターンが多いです。

そのため引越しの可能性が現時点でない方、持ち家(特に戸建て)の方などにおすすめできます。

※横にスクロールできます。

光回線 ロゴ 詳細 提供エリア 3年間の実質料金 通信速度_実測値
戸建て マンション ダウンロード アップロード Ping値
コミュファ光 コミュファ光 詳細 東海 187,340円 154,580円 563.95Mbps 515.74Mbps 16.91ms
eo光 eo光 詳細 関西 173,412円 136,236円 637.1Mbps 540.58Mbps 15.59ms
BBIQ光 BBIQ 詳細 九州 185,680円 194,920円 441.98Mbps 352.98Mbps 25.67ms
メガ・エッグ光 メガ・エッグ 詳細 中国 189,420円 209,220円 402.86Mbps 332.89Mbps 25.22ms
ピカラ光 ピカラ光 詳細 四国 171,930円 130,900円 491.89Mbps 439.1Mbps 18.43ms

[eo光]関西エリアのおすすめ光回線

eo光

スマホセット

  • UQモバイルとセットで最大1,100円割引
  • mineoとセットで最大330円割引
    (最大10回線まで永年適用)

キャンペーン

  • 工事費実質無料キャンペーンあり
  • 他社違約金補填あり
  • 商品券15,000円分プレゼント中
  • 格安SIMともスマホセット割の適用ができる
  • 戸建て
  • マンション
プラン名 ホームタイプ
契約期間 24ヶ月(自動更新なし)
最大通信速度 1Gbps
基本料金 ~12ヶ月:3,280円
13ヶ月~:5,448円
事務手数料 3,300円
開通工事費 29,700円 実質無料
解約金 ~24ヶ月:最大6,200円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし
プラン名 マンションタイプ
契約期間 24ヶ月(自動更新なし)
最大通信速度 1Gbps
基本料金 ~12ヶ月:3,326円
13ヶ月~:3,876円
事務手数料 3,300円
開通工事費 29,700円 実質無料
解約金 ~24ヶ月:ひと月の基本料金額ー880円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし

eo光は、関西電力系列の電気通信事業者である[株式会社オプテージ]から提供されている光回線です。

eo光は関西の光回線として[オリコン日本顧客満足度調査]や[RBB TODAY ブロードバンドアワード]で1位にランクインしており、顧客満足度でも高く評価されている光回線です。

[コミュファ光]東海エリアのおすすめ光回線

コミュファ光

スマホセット

  • auとセットで最大1,100円割引
  • UQモバイルとセットで最大1,100円割引
    (最大10回線まで永年適用)

キャンペーン

  • なし
  • 戸建て
  • マンション
プラン名 1Gホーム
契約期間 24ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 ~12ヶ月:2,980円
13ヶ月~:5,170円
事務手数料 770円
開通工事費 27,500円
解約金 解約金:最大29,700円
回線撤去工事費:最大13,200円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし
プラン名 1GマンションF
契約期間 24ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 ~12ヶ月:3,326円
13ヶ月~:3,876円
事務手数料 770円
開通工事費 27,500円
解約金 解約金:最大29,700円
回線撤去工事費:最大13,200円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし

コミュファ光は、中部テレコミュニケーション株式会社から提供されている光回線です。

KDDI系列の光回線ですが、もともと中部電力系列の電力系通信事業者で、資本関係は継続されています。

通信速度の速さが魅力で、みんなのネット回線速度※では[コミュファ光ゲーミングカスタム]が1位、通常プラン[コミュファ光]が6位です。

※計測した実測値を投稿するサイト。直近3ヶ月で34万件を超える投稿がある。

[メガエッグ光]中国エリアのおすすめ光回線

メガ・エッグ

スマホセット

  • auとセットで最大1,100円割引
    (最大10回線まで永年適用)

キャンペーン

  • なし
  • 戸建て
  • マンション
プラン名 メガ・エッグ 光ベーシック[ホーム]
契約期間 36ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 ~12ヶ月:5,170円
13ヶ月~:5,720円
事務手数料 3,300円
開通工事費 最大38,500 円
解約金 11,000円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし
プラン名 メガ・エッグ 光ベーシック[マンション]
契約期間 36ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 4,070 円
事務手数料 3,300円
開通工事費 38,500 円
解約金 11,000円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし

メガエッグ光は、中国電力系列のエネルギア・コミュニケーションズが提供する光回線です。

メガエッグでは、光回線に加えてひかり電話やテレビオプションを提供しており、持ち運びできるWiFiルーターのメガエッグモバイルなども提供しています。

メガエッグ光は中国電力系列のため、中国電力とのセット割引特典も用意されています。

[ピカラ光]四国エリアのおすすめ光回線

ピカラ光

スマホセット

  • auとセットで最大1,100円割引
  • UQ mobileとセットで最大1,100円割引
  • ピカラモバイルとセットで330円割引
    (最大10回線まで永年適用)

キャンペーン

  • なし
  • 戸建て
  • マンション
プラン名 1Gホーム
契約期間 24ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 ~2年目:4,950円
~4年目:4,840円
~6年目:4,730円
7年目~:4,620円
事務手数料 0円
開通工事費 27,500円
解約金 最大29,700円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし
プラン名 1GマンションF
契約期間 24ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 ~4年目:3,740円
5年目~:3,608円
事務手数料 0円
開通工事費 27,500円
解約金 ~15ヶ月:38,500円
16ヶ月~:11,000円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし

ピカラ光は、四国電力グループのSTNetが提供するが提供する光回線です。

ピカラ光では、四国エリアの光回線として[RBB TODAY ブロードバンドアワード]で1位にランクインしており、顧客満足度でも高く評価されている光回線です。

基本料金が安めに設定されており、独自回線により通信速度も早く安定しています。セキュリティソフトが標準装備かつサポートも無料で、安心して使える光回線です。

[BBIQ光]九州エリアのおすすめ光回線

BBIQ

スマホセット

  • auとセットで最大1,100円割引
  • UQ mobileとセットで最大1,100円割引
  • QTモバイルとセットで最大220円割引
    (最大10回線まで永年適用)

キャンペーン

  • なし
  • 戸建て
  • マンション
プラン名 1ギガコース
契約期間 36ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 ~2年目:4,950円
~4年目:4,840円
~6年目:4,730円
7年目~:4,620円
事務手数料 880円
開通工事費 平日:2,200円
休日:5,500円
解約金 ~12ヶ月:27,060円
~18ヶ月:22,000円
19ヶ月~:11,000円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし
プラン名 1ギガコース
契約期間 36ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 ~12ヶ月:4,070円
13ヶ月~:5,170円
事務手数料 880円
開通工事費 平日:2,200円
休日:5,500円
解約金 ~12ヶ月:27,060円
~18ヶ月:22,000円
19ヶ月~:11,000円
IPv6対応 〇標準対応
ルーター特典 なし

BBIQ光は、九州電力系列のQTnetが提供する光回線です。

BBIQ光では、九州エリアの光回線として多くの賞を獲得しており、顧客満足度でも高く評価されている光回線です。

ウイルス対策ソフト5台分まで0円、かんたん設定サービスが0円、メールアドレスの追加も0円と手厚いプラン・サポートも人気のポイントといえます。

工事不要WiFiならホームルーターがおすすめ

おすすめ工事不要WiFi(ホームルーター)

ゲームにおすすめなWiFi(ネット回線)は光回線です。しかし開通工事が必須の光回線では、引越し・工事・費用などの関係で申し込みが難しい方も多いでしょう。

そこで、自宅用のWiFiである、おすすめホームルーターをランキング形式でまとめました。光回線の契約が難しい方は、ぜひ参考にしてみてください。

▼横にスクロールできます

WiFi(ネット回線) ロゴ 詳細 通信速度 基本料金
最大速度 実測速度 実測Ping値
1ドコモ home 5G
docomo home 5g 詳細 4.2Gbps 188.79Mbps 49.61ms 4,950円
2GMOとくとくBB WiMAX
GMOとくとくBB WiMAX 詳細 2.7Gbps 126.88Mbps 44.77ms 初月:1,089円
~12ヶ月:3,784円
~35ヶ月:4,334円
36ヶ月~:5,104円
3シンプルWiFi
シンプルWiFi 詳細 2.7Gbps 126.88Mbps 44.77ms 4,290円

実測値:みんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の実測値平均を記載しています。

おすすめ工事不要WiFi①ドコモ home 5G

home 5G

home 5G × ITX のおすすめポイント

  • 15,000円のキャッシュバック
  • 端末代金が実質無料
  • 下り速度は最大4.2Gbps
  • ドコモスマホとのセット割に対応
月額料金 4,950円 月間データ容量 無制限
端末代 実質無料 契約期間 なし

ホームルーターでゲームをするなら第一に検討して欲しいサービスが、ドコモ回線を使用するドコモ home 5Gです。

home 5Gなら、最大4.2Gbpsの超高速通信でインターネットが利用できます。また、実測値で見ても光回線なみの高速通信が出来ているのが分かります。

光回線と比べるとPing値は少し高く感じますが、ホームルーターの中ではトップレベルに低いです。

基本的にデータ通信料に制限がなく、上限を気にしないで5G通信を利用できるのも嬉しいポイントです。

また、スマホをドコモのギガプラン契約していればhome 5G セット割によって家族全員の最大20回線から最大1,100円の割引が永年適用されます。

おすすめ工事不要WiFi②GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXの
おすすめポイント

  • 高額キャッシュバックあり
  • 他社から乗り換えでさらにお得
  • 契約期間実質縛りなし
  • au、UQスマホとのセット割に対応
月額料金 端末発送月:1,089円
1~12ヶ月:3,784円
13~35ヶ月:4,334円
36ヶ月~:5,104円
月間データ容量 原則無制限
端末代 27,720円
(月770円×36回)
契約期間 24ヶ月

料金の安さで選ぶならGMOとくとくBB WiMAX+5Gがおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gは、月額料金の割引、端末代金0円、キャッシュバックの豊富なキャンペーンで実質月額最安級で利用できるWiMAXのサービスです。

キャッシュバックの受け取りは約1年後となっているため、キャッシュバック受け取りが心配な方はBroad WiMAXがおすすめです。

おすすめ工事不要WiFi③シンプルWiFi

シンプルwifi

シンプルWiFiのおすすめポイント

  • 料金が変動しない
  • 5G対応で通信速度が速い
  • 速度制限が実質ない
  • 最短で即日に発送してもらえる
月額料金 4,840円 月間データ容量 原則無制限
端末代 レンタル無料 契約期間 なし

シンプルWiFiは「申し込みから解約まで分かりやすくてシンプル」をコンセプトに、2022年5月から提供が開始されたWiFiルーターです。

シンプルWiFiは月額料金が一律で、端末レンタルかつ契約期間もありません。短期契約・長期契約どちらでも損することのない、誰にでもおすすめできるポケット型WiFiといえます。

回線は速度面でも定評のあるWiMAXタイプなので、回線スピードが必要になる作業にも安心です。

レンタルできるWiFi端末は、2021年以降に発売された5G回線対応のスペックが高い端末になっています。

外出先でもWiFiを使うならWiMAXがおすすめ

おすすめ工事不要WiFi(ポケット型WiFi)

ポケット型WiFiでゲームをプレイすることは難しいですが「普段はオフラインで遊んでるけど、アップデートのときにWiFiを繋ぎたい」などの使い方をしたい方もいるでしょう。

そこで、持ち運べるWiFiルーターである、おすすめポケット型WiFiをランキング形式でまとめました。外出先でもWiFiを使いたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

▼横にスクロールできます

WiFi(ネット回線) ロゴ 詳細 通信速度 基本料金
最大速度 実測速度 実測Ping値
1GMOとくとくBB WiMAX
GMOとくとくBB WiMAX 詳細 2.7Gbps 126.88Mbps 44.77ms 初月:1,089円
~12ヶ月:3,784円
~35ヶ月:4,334円
36ヶ月~:5,104円
2Broad WiMAX
Broad WiMAX 詳細 2.7Gbps 126.88Mbps 44.77ms 初月:1,397円
1ヶ月~36ヶ月:3,773円
37ヶ月~:4,818円
3縛りなしWiFi
縛られないWiFi 詳細 2.7Gbps 126.88Mbps 44.77ms ~5ヶ月:3,940円
6ヶ月~:4,818円

実測値:みんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の実測値平均を記載しています。

おすすめ工事不要WiFi①GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXの
おすすめポイント

  • 高額キャッシュバックあり
  • 他社から乗り換えでさらにお得
  • 契約期間実質縛りなし
  • au、UQスマホとのセット割に対応
月額料金 端末発送月:1,089円
1~12ヶ月:3,784円
13~35ヶ月:4,334円
36ヶ月~:5,104円
月間データ容量 原則無制限
端末代 27,720円
(月770円×36回)
契約期間 24ヶ月

料金の安さで選ぶならGMOとくとくBB WiMAX+5Gがおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gは、月額料金の割引、端末代金0円、キャッシュバックの豊富なキャンペーンで実質月額最安級で利用できるWiMAXのサービスです。

キャッシュバックの受け取りは約1年後となっているため、キャッシュバック受け取りが心配な方はBroad WiMAXがおすすめです。

おすすめ工事不要WiFi②Broad WiMAX

Broad Wimax

Broad WiMAXのおすすめポイント

  • WiMAX史上最速の下り最大4.2Gbps
  • 最新端末が選べる
  • 申込から8日以内ならキャンセル可能
  • au、UQスマホとのセット割に対応
月額料金 初月:1,397円
1~36ヶ月:3,773円
37ヶ月~:4,818円
月間データ容量 原則無制限
端末代 31,680円 契約期間 24ヶ月

※ギガ放題コスパDXプランの場合

Broad WiMAXでは、契約期間で選べる2つの新プランの提供を開始しました。

従来プランでは、月額料金が契約経過月によって変動していましたが、今回新しく登場したプランは、月額料金が変動しない分かりやすいプランとなっています。

また、他のプロバイダにはない他社違約金を補填するキャンペーンを行っているため、とくに乗り換えを検討している人におすすめです。最大19,000円まで負担してくれます。

高額キャッシュバックがあるプロバイダもありますが、受け取り手続きに不安がある人がBroad WiMAXがおすすめです。

おすすめ工事不要WiFi③縛られないWiFi

縛られないWiFi

縛られないWiFiのおすすめポイント

  • 契約期間の縛りなし
  • 違約金なし
  • レンタルなので端末代金なし
  • 最短当日発送
月額料金 4,620円
月間データ容量 原則無制限
端末代 無料 契約期間 なし

※縛られないコース(WiMAX ギガ放題プラン)の場合

縛られないWiFiは、株式会社25が運営するWifi正規品レンタルサービスです。契約期間の縛りがない「縛られないコース」と1年契約の「1年おトクコース」の2つのプランを提供しています。

WiMAXとクラウドタイプの2つのサービスを提供しているため、様々な環境や条件に合わせて契約できるのも魅力のひとつです。

縛られないWiFiの特徴は、名前の通り契約期間・違約金がないことです。端末もレンタルサービスになるため、端末の購入代金もかかりません。短期間の契約、お試しで使ってみたいという人におすすめできます。

また、通常クレジットカードのみのお支払いとなっていますが、1年おトクコースなら口座振り込みに対応しています。

平日14:00までの受付で最短当日発送と申し込みから使えるまでの期間が短いことも嬉しいポイントです。

ゲーム向けWiFi(ネット回線)の速度・Ping値を比較

ゲーム向けWiFi(ネット回線)の速度・Ping値を比較

WiFi(ネット回線)は各サービスのホームページなどに最大通信速度を記載しています。

しかし最大通信速度=理論上だせる最大の数値というだけで、実際に契約してからその速度で使えることはまずありません。

そこで参考にしたいのが、WiFi(ネット回線)を実際に使ったときの速度・Ping値=実測値です。

実測値はユーザーごとに異なり、ご自身が使ったときその速度が出るとは限りませんが、大きな目安となります。

[全21社]WiFi(ネット回線)の速度・Ping値を比較

光回線 戸建て・マンション全てのプランを含んだ実測値を記載しています。
ホームルーター
ポケット型WiFi
各社提供されている最も新しい5Gプランの実測値を記載しています。
WiMAX ホームルーター端末:Speed Wi-Fi HOME 5G L12
ポケット型WiFi端末:Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01

WiFi(ネット回線)タイプ比較結果を見てみると、光回線が最も速度・Ping値ともに良いことがわかります。

ホームルーター(工事不要の置くだけWiFi)は通信速度こそ速いものの、Ping値が高めなところはネックです。ホームルーターは無線で使う方が多いですが、有線接続もできます。

ホームルーター(工事不要の置くだけWiFi)でゲームプレイするなら、有線接続が安心です。

※横にスクロールできます。

サービス名 WiFi(ネット回線) Ping値 ダウンロード速度 アップロード速度
コミュファ光ゲーミングカスタム 光回線 10.38ms 1584.28Mbps 2273.91Mbps
hi-hoひかり withgames 光回線 11.5ms 417.83Mbps 395.49Mbps
コミュファ光 光回線 14.35ms 604.82Mbps 556.04Mbps
auひかり 光回線 15.07ms 520.69Mbps 500.06Mbps
eo光 光回線 15.36ms 730.52Mbps 601.26Mbps
GameWith光 光回線 15.3ms 441.91Mbps 367.28Mbps
ソフトバンク光 光回線 15.81ms 316.35Mbps 280.91Mbps
BIGLOBE光 光回線 18.49ms 264.21Mbps 236.43Mbps
ピカラ光 光回線 18.4ms 465.89Mbps 450.93Mbps
ドコモ光 光回線 19.34ms 280.53Mbps 255.6Mbps
メガ・エッグ 光 光回線 21.96ms 390.59Mbps 346.28Mbps
BBIQ光 光回線 24.15ms 535.22Mbps 457.96Mbps
IIJmioひかり 光回線 27.01ms 290.68Mbps 249.18Mbps
Broad WiMAX ポケット型WiFi 45.22ms 68.46Mbps 11.26Mbps
ソフトバンクエアー ホームルーター 46.99ms 79.02Mbps 8.16Mbps
ドコモ home 5G ホームルーター 49.61ms 188.79Mbps 19.96Mbps
GMOとくとくBB WiMAX ホームルーター 49.73ms 111.38Mbps 19.02Mbps
GMOとくとくBB WiMAX ポケット型WiFi 54.52ms 67.55Mbps 11.86Mbps
Broad WiMAX ホームルーター 54.5ms 161.78Mbps 12.29Mbps
縛られないWiFi(WiMAX) ポケット型WiFi 57.3ms 9.11Mbps 6.57Mbps
縛られないWiFi(WiMAX) ホームルーター 57.3ms 9.11Mbps 6.57Mbps

実測値:みんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の実測値平均を記載しています。

[全13社]光回線の速度・Ping値を比較

ここからは光回線にフォーカスし[使っている回線]と[有線接続 / 無線接続]の速度・Ping値比較を行っていきます。

 独自回線と光コラボの速度・Ping値を比較

※横にスクロールできます。

サービス名 光回線 Ping値 ダウンロード速度 アップロード速度
コミュファ光ゲーミングカスタム 電力系光回線 10.38ms 1584.28Mbps 2273.91Mbps
hi-hoひかり withgames 光コラボ 11.5ms 417.83Mbps 395.49Mbps
コミュファ光 電力系光回線 14.35ms 604.82Mbps 556.04Mbps
auひかり 独自回線 15.07ms 520.69Mbps 500.06Mbps
eo光 電力系光回線 15.36ms 730.52Mbps 601.26Mbps
GameWith光 光コラボ 15.3ms 441.91Mbps 367.28Mbps
ソフトバンク光 光コラボ 15.81ms 316.35Mbps 280.91Mbps
BIGLOBE光 電力系光回線 18.49ms 264.21Mbps 236.43Mbps
ピカラ光 電力系光回線 18.4ms 465.89Mbps 450.93Mbps
ドコモ光 光コラボ 19.34ms 280.53Mbps 255.6Mbps
メガ・エッグ 光 電力系光回線 21.96ms 390.59Mbps 346.28Mbps
BBIQ光 電力系光回線 24.15ms 535.22Mbps 457.96Mbps
IIJmioひかり 光コラボ 27.01ms 290.68Mbps 249.18Mbps

実測値:みんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の実測値平均を記載しています。

独自回線とは、NTT(フレッツ光)の設備を使わず、自社で持っている専用設備を使っている光回線サービスを指します。

回線混雑が起きにくいため、光回線のなかでも低Ping値・高速通信ができるため、ゲーム向きです。しかし、提供エリアが狭いため、検討前にエリア確認が必須です。

光コラボとは、NTT(フレッツ光)の設備を使っている光回線サービスのことを指します。提供エリアは全国で、設備も普及しているため契約しやすく価格も安い特徴があります。

しかし、設備に対して抱えているユーザー数が多いため、回線混雑が起きやすい注意点があります。

といっても、光コラボの平均通信速度は200Mbps〜300Mbps程度。ゲームプレイには全く問題ありません。

 光回線を無線接続したときの速度・Ping値を比較

※横にスクロールできます。

光回線名 回線タイプ Ping値 ダウンロード速度 アップロード速度
auひかり 独自回線 16.62ms 303.72Mbps 277.57Mbps
コミュファ光 独自回線 16.15ms 337.49Mbps 302.51Mbps
eo光 独自回線 16.42ms 382.58Mbps 331.09Mbps
GameWith光 光コラボ 17.1ms 205.53Mbps 182.72Mbps
エキサイトMEC光 光コラボ 16.95ms 247.15Mbps 217.44Mbps
ソフトバンク光 光コラボ 17.0ms 256.99Mbps 195.9Mbps
ピカラ光 独自回線 19.03ms 365.42Mbps 289.37Mbps
BIGLOBE光 光コラボ 19.77ms 229.7Mbps 193.58Mbps
ドコモ光 光コラボ 20.02ms 224.52Mbps 197.11Mbps
OCN光 独自回線 20.87ms 230.32Mbps 187.54Mbps
メガ・エッグ 独自回線 23.57ms 261.99Mbps 219.99Mbps
BBIQ 独自回線 25.79ms 294.49Mbps 243.47Mbps

実測値:みんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の実測値平均を記載しています。

有線接続と無線接続したとき、Ping値も通信速度も変化することがお分かりいただけたと思います。やはり有線接続のほうが周辺環境に影響されづらく、安定した高速通信が可能です。

 光回線を有線接続したときの速度・Ping値を比較

※横にスクロールできます。

サービス名 光回線 Ping値 ダウンロード速度 アップロード速度
コミュファ光ゲーミングカスタム 電力系光回線 12.81ms 625.68Mbps 606.45Mbps
コミュファ光 電力系光回線 15.68ms 353.15Mbps 318.62Mbps
auひかり 独自回線 16.16ms 313.16Mbps 300.62Mbps
eo光 電力系光回線 16.36ms 341.49Mbps 321.12Mbps
ソフトバンク光 光コラボ 16.54ms 245.12Mbps 212.01Mbps
hi-hoひかり withgames 光コラボ 17.83ms 289.91Mbps 246.02Mbps
ピカラ光 電力系光回線 19.48ms 329.4Mbps 309.97Mbps
BIGLOBE光 電力系光回線 19.54ms 216.13Mbps 201.61Mbps
ドコモ光 光コラボ 19.81ms 220.53Mbps 211.56Mbps
GameWith光 光コラボ 21.25ms 257.88Mbps 219.76Mbps
メガ・エッグ 光 電力系光回線 22.68ms 264.75Mbps 251.77Mbps
BBIQ光 電力系光回線 25.5ms 307.42Mbps 264.4Mbps
IIJmioひかり 光コラボ 26.99ms 248.16Mbps 212.54Mbps

実測値:みんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の実測値平均を記載しています。

オンラインゲームで回線が遅いときの対処法

オンラインゲームで回線が遅いときの対処法

「オンラインゲームをしたいのに、速度が出なくて思うようにプレイできない」といったときの、自分でできる対処法を紹介します。

下記の対処法は、対応が簡単な順番です。まずは①から順番に試していきましょう。

オンラインゲームで回線が遅いときの対処法
  1. 機器を再接続する
  2. 通信障害やサーバーダウンが解消されるまで待つ
  3. WiFi接続している人は有線接続する
  4. ルーターの性能をチェックする
  5. LANケーブルの規格が古くないかチェックする
  6. 「IPv6」に対応させる

➀機器を再接続する

接続を切断して、再接続することで通信速度が改善する可能性があります。とくに長い時間接続し続けている状態であれば、一度機器をリセットしてみましょう。

②通信障害やサーバーダウンが解消されるまで待つ

パソコンなどには問題がないのに突然速度が低下した場合は、通信障害やサーバーダウンが原因の可能性があります。

固定回線など、回線側が通信障害やサーバーダウンを起こしている場合は、ユーザー側にできることはありません。

通信障害の有無や状況を公式サイトなどでチェックして、解消されるのを待ちましょう。

③WiFi接続している人は有線接続する

WiFi接続は、電子レンジなどの家電の電波に干渉されるのでどうしても通信が不安定になりがちです。

WiFi接続している状態で通信速度が低下しているのであれば、LANケーブルなどを使った有線接続に切り替えると通信速度が改善されるでしょう。

④ルーターの性能をチェックする

いくら契約した回線が高速通信できるといっても、使っているルーターが古いものだとその高い回線品質を活かしきれません。

ルーターはもちろん、ケーブルなどにも規格があり、契約している回線の品質に合った最新のものを使わなければ、本来出るスピードも出ません。

速度が出ないと感じたら、ルーターの性能をチェックしてみて、古い型であれば新しいものに買い替えましょう。

⑤LANケーブルの規格が古くないかチェックする

WiFiルーターに接続しているLANケーブルは、規格によって送受信できる最大速度が決められています。

固定回線の場合、最大速度は概ね1Gbsなので、LANケーブルの規格は「カテゴリ5e(CAT.5e)」以上が最適です。

カテゴリ5(CAT.5)のように古いLANケーブルが接続されている場合、いくら固定回線の最大速度が速くても、最大100Mbpsまでしか送受信できません。

これでは固定回線の良さを引き出せませんので、思ったように速度が出ないときは、LANケーブルの規格を確認してみましょう。

⑥光回線なら通信方式に注目する

光回線の通信方式には、IPv4やIPv6といった種類があります。

[IP]とは、インターネットプロトコルのことを指します。プロトコルとは、デバイスやソフトウェアなどがお互いに通信するために制定された通信方式のことです。

また、インターネットを使うには[IPアドレス]が不可欠です。

IPアドレスとは、スマホ・PCといったインターネットを接続する機器に割り振られる住所のようなもので、これによってデータの送信元や送信先を判別しています。

IPアドレスによって、インターネットでページを閲覧したり、メールの送受信を行うことができています。

しかし、IPv4の通信方式で発行できるIPアドレスは、インターネットが急速に普及したことでIPアドレスが枯渇する恐れが出てきたため、新しくIPv6が誕生しました。

これから光回線を開通させるなら、最新の通信方式であるIPv6を選びましょう。

  IPv4とは?

IPv4の図解

IPv4は、2023年時点で最も普及している通信方式です。

IPv4で使用できるIPアドレスは世界で約43億も発行できますが、インターネットの急速な普及により、現在はそのほとんどが割り振られてしまいました。

そのためIPアドレスが不足し、既存ユーザーの通信も混雑しているため、通信速度にも影響が出ています。

  IPv6とは?

IPv6の図解

IPv6は新しく登場したWiFi(ネット)の通信方式です。IPv6では、約340澗個のIPアドレスが使用できるようになり、IPv4よりもスムーズな通信が可能です。

ただし、IPv6対応のモデムやWiFiルーターを使う必要があるため、新たにIPv6対応のWiFi(ネット回線)を使い始める方は注意しましょう。

IPv5は何故ないの?

じつは現在までに誕生したIPのバージョンは、9まであります。もちろんIPv5もありましたが、一般利用は想定していない実験的なものでした。そのためIPv5はスキップされ、一般向けに提供することを想定したバージョンとしてIPv6が生まれました。
IPv7からIPv9までは、次世代通信の策定段階で作られた規格として存在しています。

  IPv6プラスとは?

IPv6プラスの図解

最新の通信方式であるIPv6は、IPv4のみに対応したサイトには接続することができません。

しかし、v6プラスに対応していれば、IPv4とIPv6どちらのサービスにも接続することが可能です。

IPv6とv6プラスは通信速度や方式は同じですが、IPv4に接続できるかどうかが変わってくることを覚えておきましょう。

使用中のWiFi(ネット回線)速度の計測方法

パソコンを操作する様子

「使っているWiFi(ネット回線)はどれくらいなんだろう?」「ラグいけど原因がわからない」という方は、速度計測をしてみましょう。

通信速度を計測することで、通信なのか、機器なのか、どこに問題があるかわかります。

Nintendo Switch本体で速度計測する方法

  1. ホーム画面から[設定]を選ぶ
  2. [インターネット]を選ぶ
  3. [接続テスト]を選ぶ
  4. [回線速度]をチェックする

4の画面まで進めば、インターネットの診断が始まります。インターネットの接続状況だけでなく、Ping値・ダウンロード・アップロード実測値も表示されます。

インターネット上の速度計測サイトではなく、実際に使用するNintendo Switch本体で計測することで、より正確に実測値を知ることができます。

PS4・PS5本体で速度計測する方法

  1. ホーム画面より右上部分の[設定]を選ぶ
  2. メニュー下にある[ネットワーク]を選ぶ
  3. [インターネット接続を診断する]を選ぶ

3の画面まで進めば、インターネットの診断が始まります。インターネットの接続状況だけでなく、ダウンロード・アップロード実測値も表示されます。

インターネット上の速度計測サイトではなく、実際に使用する機器(PS4・PS5)で行うことで、より正確に実測値を知ることができます。

ゲームのWiFi(ネット回線)についてよくある質問

ゲームのWiFi(ネット回線)についてよくある質問
ゲームおすすめ回線に関するよくある質問

最後に、ゲームのWiFi(ネット回線)についてよくある質問を紹介します。ゲームをするときのゲームのWiFi(ネット回線)で悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

ゲームプレイにおすすめの回線は?

A.光回線なら「hi-hoひかり with games」、ホームルーターなら「ドコモ home 5G」です。

hi-hoひかり with gamesは、ゲーム向けの光回線で混雑する時間帯も安定した高速通信を維持しながら低ping値をキープできます。

速度が最大4.8Gpsまで出るゲーム用バンドに接続できるゲーミングルーターセットプランも用意されています。

一方、ドコモ home 5Gは、ドコモ回線を使用しており最大4.2Gbpsの超高速通信でインターネットが利用できます。

ホームルーターの中ではトップレベルの高速通信です。工事が出来ない関係で、光回線を断念する人は、ドコモ home 5Gがおすすめです

申し込みしてからどれくらいで開通する?

A.WiFi(ネット回線)は、種類によって申し込みから開通までの時間が異なります。

固定回線 1~2ヶ月
ホームルーター 2~7日
ポケット型WiFi 2~7日

ゲームにおすすめの回線としてご紹介した、固定回線とホームルーターの開通目安をご紹介します。

光回線は、申し込み後に現地調査や電柱から室内へ光ファイバーを通す工事が必要になります。そのため開通までは1〜2ヶ月の期間がかかります。

また、長期休みや年度末など、多くの人がインターネットを契約する時期に申し込むと、さらに期間が延びてしまうこともあるため、光回線は早めの申し込みがおすすめです。

一方、ホームルーター・ポケット型WiFiは自宅に端末が届けばコンセントに接続するだけで開通するため、申し込みから発送までの3〜7日程度で利用を開始できます。

ゲームサーバーがダウンしてしまう要因は?

A.ゲームサーバーがダウンしてしまう原因は、アクセス集中・ハードウェア障害、サイバー攻撃です。

アクセス集中 サーバーの許容範囲を超える人数が一度にアクセスし、サーバーが処理しきれなくなった状態
ハードウェア障害 サーバーの故障や停電が原因で、ハードウェアが停止してしまう状態
サイバー攻撃 第三者が不正にゲームシステム内に浸入し、故意にサーバーを停止させた状態

サイバー攻撃の場合、ユーザー側にできることはありませんので、ゲーム側のシステムメンテナンスが終了するのを待ちましょう。

2023年6月終了:ゲーム向け光回線

ゲーム向け光回線|OCN光

ゲームにおすすめなWiFi(ネット回線)のOCN光
OCN光公式サイトより引用
  • 戸建て
  • マンション
エリア 全国
プラン ホームタイプ
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 5,610円
IPoEアドバンスオプション 1,848円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 19,800円
解約費用 違約金 3,600円
撤去工事費 なし
スマホセット割 OCNモバイルONEの割引額 最大1,100円
エリア 全国
プラン マンションタイプ
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 3,960円
IPoEアドバンスオプション 1,848円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 16,500円
解約費用 違約金 3,600円
撤去工事費 なし
スマホセット割 OCNモバイルONEの割引額 最大1,100円

OCNはプロバイダや通信サービスを展開しており、全会員数は800名以上の実績もあります。

OCN光は2023年6月に、NTTドコモとの合併に伴って、新規・転用・事業者変更手続きの受付を終了しました。

OCN 光は[IPoEアドバンス]というオプションサービスが付けることができ、ゲーム向け光回線として人気がありました。

IPoEアドバンスは混雑の原因を分離させる仕組みがあり、専用の広帯域ネットワークが使えるので通信が混雑することがありません。

日本最大級のOCNバックボーン(Tier1ネットワーク)に加え、IIPv4 over IPv6方式による通信が行えるため、ラグが少なく、遅延に強くなるため快適にゲーム・テレワーク・動画視聴などが楽しめます。

新規受付はできませんが、既存ユーザーは変わらず契約を継続できます。

まとめ

オンラインゲームを楽しみたい方やオンラインゲームのためにインターネット環境を整えたい方には、光回線がおすすめです。

インターネット接続サービスには固定回線・ホームルーター・ポケット型WiFiの3つがあり、最も高速通信でき通信が安定しているのが光回線だからです。

ただし光回線は工事が必要なため、物件の状況によっては導入できないこともあるでしょう。また、料金や引越しなどの事情がネックになっている方は工事不要で高速通信できるホームルーターをおすすめします。

品質のよいインターネット環境を手に入れて、ストレスなくオンラインゲームを楽しむためには、通信品質はもちろん、料金面やキャンペーン内容にも目を向けて回線を選ぶことが大切です。

ぜひこの記事を参考に、自分に合う最適なWiFi(ネット回線)探しをしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました